岸和田一文字・アジ釣り概要

岸和田一文字のアジのサビキ釣りは走りの時期(5月後半から6月初旬)に良型(20cmから24cmくらい)がまわり、夏休み頃から豆アジの数釣りが楽しめ、それが初冬まで続くのが一般的です。(年によって、釣れ具合に若干の違いはありますが・・・)

基本的にマヅメにアタリが集中する事が多いです。特に夕マヅメは爆釣に繋がる事も多くイチオシです。

釣れるアジじはもちろん美味しくいただけます。また、小アジは飲ませ釣りのエサにしても面白く、秋口にツバスを狙うのが本命の釣りです。

飲ませ釣りとのセット、あるいはだんじり祭りが終わる頃から釣れ始めるタチウオをサビキ釣りのセット・・・、アジのサビキ釣りは美味しい魚とセットで狙うのがおススメです。

アジのサビキ釣り・ポイント

良型のアジ岸和田一文字のサビキ釣りは、他の一文字や海釣り公園などとは、チョット趣が違うような気がします。ここのアジはマキエをシッカリとする人とマキエが甘い人とでは、かなり釣果に違いがあります。

それに加味して、各一文字のポイントに対する知識・・・、地元の名人クラスは、これがあるので一見さんの倍くらい釣る人もたくさんいるんですね。

もちろん、当サイトでは、地元の名人クラスに取材して得た、有力情報をてんこ盛りにしていきます。(^◇^)

まずは、シッカリとポイント情報ご覧下さい。

現在、コンテンツ作成中です。すべて揃うまでもう暫くお待ち下さい