概要

大漁のアジ「アジは手軽で簡単なサビキ釣り」と言うイメージですが、確かに半分はそれで正解だと思います。

ナンで半分だけ正解かと言うと、岸和田一文字のアジは数を出そうと思うと、チョイばっかりコツやポイントの事を知っていないと中々上手くいかないからですね。しかし、ポイント情報や釣り方に精通していると、面白いようにアジをクーラー満タンにすることが出来ます。

岸和田一文字では、沖の一文字でも地の一文字でも中波止でもアジはサビキ釣りで釣れます。それぞれの狙うべきポイント、また、チョイとしたコツを本項ではお送りしますね。

沖の一文字

沖の一文字では、北、南、カーブからスリットの全般でアジは狙えます。内向きも外向きも両方狙えますが、基本的には・・・

  • 沖の北は外向き、内向きの両方
  • スリット
  • 南は外向きが有力

まあ、こういった感じです。

沖の北

朝夕のマヅメは基本的に竿下でOKですが、日が高い時間帯は、飛ばしウキで沖目を狙うのも有力です。基本的には外向きメインですが、足場が高い事と、波止の幅が狭いですから、お子さんを連れて釣りをするような場合は、無理をせず内向きで釣ってください。

沖の北は良型が釣れる事も・・・外向きで湧き出せば、内向きでも釣れない事は無いです。周りの釣れ具合に注意しながら、釣れ始めると時合いですから、気合を入れて手返しをするようにしてください。

竿下は、通常の下オモリのサビキ仕掛けで十分です。捨石の上にカゴを落としますが、石の割れ目にカゴを取られる事が良くありますから、スペアーのカゴは持参するようにしてください。(まあ、3つから5つ持っておけば良いです)

飛ばしウキは、外向きの場合、遠投(30mから50m)が良いですが、内向きの場合は20mくらい飛ばす感じで数を出した事があります。

15号程度ウキにカゴは20号から25号くらいでよいでしょう(やや重めの仕掛けが良いです)。タナは5.5ヒロほど取る感じで、ボトムを意識しておきます。

カーブ

基本的に沖の北のサビキ釣りと同じでよいです。ただ潮通しと言う点では沖の北よりやや潮の動きが緩慢になりますから、広く狙うよりはピンポイントに狙う方が得策だったりします。

やや、多めにアミエビを持参して、狙ったポインの底にアミエビを溜めていくようなイメージで手返しをします。あまり遠投はせずに竿下でシッカリとポイント作りをする釣りがおススメです。

ポイント的には外向きがおススメですが、内向きもアジは狙えます。タナや波止からの距離は沖の北と同じでよいです。

スリット

スリットのサビキ釣りは、幾度と無く爆釣の経験があります。ここは私の得意なアジのサビキ釣りポイントです。

ポイント的には遠投しても狙えますが、それよりも竿下で、沖からの潮とスリットからの払い出しがぶつかる潮目を狙うのが有力です。

飛ばしウキ仕掛けを、タナ5.5ヒロ、下オモリ仕掛けで作り、竿下から潮目までを流す感じで釣ってみると面白いです。特にマヅメに数が出ますから、時合いにはウキも外してピンポイントでポイントを作りながらサビキ釣りをするとクーラー満タンに出来ます。

沖の南

最近は冬場でもサビキ釣りでアジは釣れたりします沖の南も基本的には沖の北と同じで良いですが、外向きは潮が飛びやすいので、やや重めの仕掛けが重宝します。具体的には3号の磯竿にスピニングリールは4000番程度、道糸は5号程度で、カゴは25号が扱いが良いです。

もちろんファミリーでお子さんや女性が釣る場合は、この重いタックルはさばき切れないと思います。軽めの仕掛けでやる場合は、竿下を重点的に狙う感じで十分に数を出す事ができます、ご安心下さい。

ポイントは外向きを中心に、先端の灯台付近も有力な釣り場です。タチウオとの二本立てもおススメで、その場合は外向きがメインの釣り場になります。

旧一文字

アジのサビキ釣り・白灯必殺仕掛け旧一文字のアジ釣りは、もちろんサビキ釣りで、波止の両先端がイチオシの釣り場です。特に赤灯の先端付近は実績ポイントで、良型の大漁もよくある話です。

赤灯先端は、潮の流れが速い上に水深が竿二本以上(10m以上)とタップリとあります。手返しを考えると、やや重めの仕掛けに分があります。

白灯は、内向きがおススメの釣り場で、波止の上から海底までが丁度5.3m程度で、下オモリ仕掛けのサビキ仕掛けで竿尻にカゴが来るだけ道糸を出しておけば、殆どリールの操作ナシで手返しをすることが出来ます。(右図参照)

釣りやすさの点ではピカイチが白灯のサビキ釣りです。アジの魚影も濃いですから、マヅメには入れ食いも良くある話です。

カーブから3番、4番にかけては、緩やかな潮流を釣る事になります。夏場から初秋にかけて、豆アジの数が多いときは、内向きが高さも釣り易く、場所的にも広いですから、のんびりと釣りを楽しめます。

中波止

中波止も両サイドの水路がアジのサビキ釣りのポイントです。晩秋から初冬に掛けてが狙い目で、湧いている時があります。この湧いているアジにスズキがついていることがありますから、飲ませ釣りと二本立てなどもおススメです。

水路は狙い目は竿下で十分です。水深は2.5ヒロ程度、潮流が早いことが多いので、ウキはつけずに、やや重めのカゴでボトムにマキエを溜めるような感じで釣りをします。

外向き一帯も狙えますが、この場合は捨石が邪魔をするので飛ばしウキが必要です。タナは下オモリ仕掛けでウキからカゴの位置までが2.5ヒロ〜3ヒロ。まあ、水路が開いていれば、無理をすることはないです、水路で手返しをよく、釣りをする方が良いと思います。

豆アジが湧きだすと、どこで釣ってもそれなりに釣れますから、船頭や山田渡船、片岡釣りエサ店から最新情報を入手して、釣りをするようにしてください。