アーカイブ@Pick up@岸和田一文字のスゴイ釣り!

管理人の釣行時、もしくは取材時に出くわしたスゴイ釣り!アーカイブとして残して行こうと思います。

尚、こちらに掲載された記事、写真は、絶好調写真集同様に、サイトがなくなるまで掲載して栄誉をたたえます。

2011年1月

地寄りの波止でエビ撒き釣り好調か?

2011/1/17

HN:オダッチより地方のハネの釣果が入ってきました!

かっちゃんとハネ(汗)
(「釣れちゃるぞ・・・釣り来いよ」って聞こえるような・・・笑)

1月19日午前中の釣果情報。中波止4番内向き、タナは3.5ヒロ。アタリは4回だけだったそうですが、針ハズレなどの報告も入ってきてます。

15日土曜日も中波止2、3番ででアタリは結構あったとのことで、60オーバーの良型も顔を見せてます。

「食いは、かなり渋い・・・」(オダッチ)とのことですが、エビ撒きのハネ釣りって本来そういうもんです。じれったいのが、結構楽しかったりする釣りです・・・笑

19日のオダッチの報告によれば、アタリが出だしたのが12時前からと言う事で、ちょうど干底から満ち潮への潮返しの時間帯にマッチしてます。

この事実から推察すると、貯木場の中のハネが動いた可能性が高く、これなら安定した釣果が見込めると思います。(外側のハネは比較的不安定です・・・)

また、タナが3.5ヒロと深いのは遠投して底狙いですが、フグのエサ取りが昨年より厳しいので、最近の釣りではエビ撒き釣りは遠投の底を狙うのに分があったりします。とは言え、ハネの食い気が出てきて捨石近くまで散策に来始めると、他のエサ取りは飛びますから、この場合は、「マキエでポイントを構築していく超攻撃型の釣り」が展開できるようになります。

ぼちぼち、こう言う釣りも出来ると思います。エビ撒きファンは急ぎましょう!