概要

岸和田一文字のエビ撒き釣りのチヌ釣り

岸和田一文字ではチヌは色々な釣りで釣れますが、エビ撒き釣りで釣るチヌ釣りも有力なチヌ釣りです。チヌはエビ撒き釣り以外では、落とし込み、オキアミを使用したフカセ釣りなどでも釣れますが、ハネと一緒に狙えるエビ撒き釣りのチヌ釣りが最も組し易いチヌ釣りでは無いかと思います。

基本的な釣り方は、エビ撒き釣りのハネ釣りと同じです。特別にチヌだけ狙って釣りと言うのは少し無理がありますが、卦があるときはぜひ狙ってみたいのがこのターゲットだと思います。

釣れるポイントは、岸和田一文字のすべてのポイントで狙えます。イチオシは、秋のチヌで、スリットの大型が回る事がありますが、このチヌ釣りです。年無しも高確率で狙えるチヌ釣りですが、その辺りを中心に解説してみましょう。

エビ撒き釣りのチヌ・釣り方

岸和田一文字では、エビ撒き釣りでチヌが良く釣れますが、釣り方自体は、ハネのエビ撒き釣りとまったく同じでナンボでも釣れます。実際、多くのアングラーがハネ釣りの外道でチヌをたくさん釣りますが、実はある年のことですが、大型のチヌが異常に沖の一文字に湧いた事があって、その時に私はチヌを何度か大釣りした事があります。

特別変わったことをしたわけでは無いですが、結構確立良く釣っていたので、その時の釣り方でチョット留意していた事を本項では書いてみようと思います。

尚、本項の内容はもちろん釣果を保障する物ではありません。少し細かい事も書きますが、インターネット上の情報の一つとして、知的好奇心を満たせて下さい。

正確なタナ取りがキモ

岸和田一文字のチヌ釣りの場合、どうでしょうか?、ウキ釣りの場合9割近くがボトムで出ると思います。時折際の2ヒロで食わしたとか言う話も無いでは無いですが、中波止にしても旧一文字にしても沖の一文字にしても、ほとんどが底一杯のタナで釣れます。

エビ撒き釣りのチヌ釣りの好ポイント・スリット最近ではハネも底で食わすほうが型が良かったり、数が出たりするのですが、チヌの場合は、それがより顕著であるという事ですね。

底を釣ると言っても、ハネが底から30cm以内を釣るのであれば、チヌは底から10cm以内を釣るくらいの正確なタナ取りが出来るかどうかです。これが、私がチヌを爆釣した時のキモです。(まあ、適当でも釣れるにゃ釣れるんですが・・・汗)

しかも、マキエを利かせたポイントにピンポイントにサシエを入れていく必要があります。要するに・・・

ボトム(底)に大量にマキエを利かせて、利かせた位置に正確に仕掛け(サシエ)を持って行くと言うことがキモなワケで、このため、ベタ際が好ポイントになるスリットが都合が良いわけです。マキエは底撒きカゴを使用して、底に付いた時点で割ります。エビを底の捨石の上に放つ感じです。その上で仕掛けを少し触ります。

仕掛けをアレンジする

エビ撒き釣り・基本仕掛け図この図は通常のエビ撒き釣りのハネ釣り用の、標準的な仕掛けです。エビ撒き釣りの仕掛けの詳細は、エビ撒き釣りのハネ釣りの仕掛けで詳述していますから、そちらをご覧頂くとして・・・この仕掛けをスリットのチヌ狙いに切り替えていきます。

使用するタックルなどは通常使っているもので全然OKです。磯竿の1号程度にリールはスピニングなら2500番程度、道糸は2号のサスペンド系が良いと思います。

普通にハネを中心にエビ撒き釣りをする場合、ハリスの中心部分にガンダマのG2からG3を打つのが基本です。このガンダマはエビの動きを制限する意味があって、いかだの釣りなどでも生きエビ使用する際には打つ事になるガンダマだと思います。

チヌ狙いのエビ撒き釣り仕掛けボトムを寄り顕著に狙う場合、針部分が完璧に底に来るようにタナをあわせます。さらに底付近でエビにシッカリと“仕事”をしてもらうように、ガンダマの位置を針上10cmから15cmの位置まで下げます。潮が下げてきたら、底に針が掛かるくらいで丁度良い感じです。とにかくボトムを意識します。

この上で、チヌは生きエビ針のような細軸を使用すると、カンヌキに掛かった場合いいですが、マトモに唇部分に針先が行くと、硬いあごで一発で針が伸びるか折れるかします。このため、グレ針の6号程度の針でアタリが来てもやや送り気味にして飲み込ませてしまうのがコツです。

生きエビ針を使用している時は、エビの付け方はエラ掛けか口掛けが良いですが、グレ針のような軸の太い針を使用するときは、チョン掛けにしてエビを刺すのがキモです。

旧一文字や中波止でもチヌはそこそこ釣りましたが、駆け上がりをメインにする場合は、通常のエビ撒き仕掛けに分があると思います。これは、仕掛けの流れるコースは、理想は波止と平行に流す事ですが、道糸を操作しないと、やや仕掛け全体が手前によるのが普通です。このため、ボトムをあまり強く意識すると、根がかりが多発することになります。

それよりも、仕掛けがどうせ手前に寄るのであれば、底にピッタリ来る接点があるわけで、そのポイントにピンポイントでマキエを入れるほうがハネとチヌの両方が狙えて面白いです。

エビ撒き釣りのチヌ釣りのキモ

  • 沖の一文字のスリットがおススメ
  • 正確に底までのタナを取る
  • ガンダマの位置を下げる
  • グレ針で飲み込ませてしまう
  • エビのつけ方はチョン掛けが良いです

口コミ情報

岸和田一文字に限らず他の波止などでおそうだと思いますが、チヌがエビに食ってくるときは、ある程度卦がないと中々難しいんとチャウか?と思います。

岸和田一文字が特にそうかも知れないですが、ハネはある程度計算できますが、チヌがエビに出るのは、ある意味神出鬼没みたいな部分があって、エビ撒きでチヌを釣るには、やっぱり、前日の釣果や午前中の釣果のような生の情報が頼りになると私は思います。

釣れた=即釣行、これが出来る人は良いですが、普通はこういうのは出来ないですから、エサ屋(片岡)や山田渡船でシッカリと前日の釣果とか聞かれてからヤマ立てをするのがおススメです。

「スリットのエビ撒きでチヌ釣れてるでぇ・・・」だったら、本項を思い出してガツンといってくださいね♪