概要

沖の北・チヌヒット

岸和田一文字でフカセ釣りでチヌを釣る場合、水深のある沖の一文字から適度な水深の旧一文字、比較的浅場の中波止(地方周辺)などを攻める事になるので、ある程度仕掛けにはバリエーションがあった方がイイ釣りになりやすいです。しかも、各波止には内向きと外向きがあり、それぞれで潮の感じが大きく異なります。

一般的に、エビ撒き釣りのようなウキ釣りは、捨石とかストラクチャーなど、ポイントを意識して釣るのが正解になることが多いですが、フカセ釣りの場合は、これに潮を読む感覚が必要になってきます。これが、ウキ釣りとフカセ釣りの大きく違う点だと思います。

とは言うものの、チヌの場合は、ボトムに付いて浮かない事も多く、この場合は、ウキ釣り的な感覚の方がよかったりもします。だから、難しいわけですが・・・笑

ポイント編

岸和田一文字に限らず、潮の動き始め、止まりっパナ、あるいは違う種類の潮が入ってきた瞬間、それが抜けた瞬間など、潮に変化があったときにドカンとくるのが釣りの常識と言えば常識です。岸和田一文字でも、もちろんこのようになるのですが、この感覚にプラスしてポイントを攻める感覚が必要です。平たく言えば・・・

  • ボトムを釣るのであれば、ボトムにタイトに・・・
  • 際を釣るのであれば、際をタイトに・・・

とまあ、こういう攻めが必要なわけですね。

スリット・チヌゲットとりあえず、底の形状や底までの水深、それに、際のイ貝がどのくらいまでの層にあるか?、この辺りの知識があるほうがイイ釣りになりやすいです。

際のイ貝などは、水温が下がると落ちますから、その時は、ベタ際の底、掛け上がりなどを攻めますが、それぞれの水深が、各ポイントによってマチマチですから・・・

ナンにしても、通ったモン勝ちになるわけですね。

あくまでおおよそですが、各ポイントの基本的なタナの数値は目安で・・・

  • 沖の一文字が5.5ヒロ
  • 赤灯の内向き、外向きの先端周辺を除く旧一文字が3ヒロ
    (※赤灯内向きは水深が4.5ヒロから7ヒロ、先端付近の外向きも7ヒロ前後)
  • 中波止が水道、外向きで3ヒロ、内向きで2ヒロ半

この数値に、潮位や風、ポイントまでの波止からの距離、こういう複雑な要素を全部頭に入れて、正解を探すわけです。当たったら快感そのものになりますが・・・笑

では事項で、岸和田一文字のチヌのフカセ釣りの基本的な仕掛け図を見てみましょう