エビ撒き釣りの仕掛けの応用でもOK!

スリットに入ったチヌを引っこ抜いてます・・・笑本項は基本仕掛け図としていますが、解らなければ、普通の遊動仕掛けで釣るのが正解です。

エビ撒き釣りの仕掛け図のハリス部分を2ヒロにして、ハリスにガンダマを打たないようにすれば、おおよそはハマります。岸和田一文字のウキ釣りは、ほとんどエビ撒き釣りの基本仕掛けの応用で何とかなります。

では、フカセ釣りにこだわった仕掛けを見て行きましょう。

尚、岸和田一文字のチヌ釣りのフカセ釣りの仕掛けに関するレポートはこちら。

棒ウキのフカセ釣り

棒ウキのフカセ釣り・基本仕掛け図この仕掛けが最もシンプルで扱いやすいと思います。

オキアミを使用するには、やや重い仕掛けになりますが、エサ取りが少ない時や、全般的に、内向きの釣りには適しています。岸和田一文字の場合フカセ釣りのエサ取りは、フグ、カワハギ、アジ、それにボラが多いですが、ボラはこの仕掛けが比較的交わしやすいと思います。

余談ですが、フグとカワハギはチヌがそばに寄れば、いなくなります、バロメーターの役割を果たしますから、貴重な存在ですが、アジはダメです。コイツの交わし方は、私が教えて欲しいです・・・笑

円錐ウキ・基本仕掛け

円錐ウキのフカセ釣り・基本仕掛け図チヌのフカセ釣りといえども、グレ釣りのように釣りたいという人には、この仕掛けがイイです。

岸和田一文字の場合、くどいようですが、チヌはボトムに出ることが多く、円錐ウキを使用した仕掛けでも、やや重めの仕掛けに分があります。ウキの負荷は3B〜4Bが扱いやすく、ボトム狙いと言う事で、できるだけ早く底にサシエを送りたいようなときに効果的です。

岸和田一文字に限らず、防波堤の潮は、構造的に二枚潮になりやすい構造をしています。出来るだけサシエに仕掛けを引かせたいですが、それをより顕著にするために、キザクラのクッション水中のような潮受けストッパーを使用すると良いです。

また、基本的に、潮が流れている時は、ハリス部分にガンダマを打つほうが良いですが、流れていない時は、打たない仕掛けが勝ります。この辺りは、フカセ釣りの基本通りの攻めでOKです

駆け上がりをタイトに攻める仕掛け

駆け上がりをタイトに攻める・基本仕掛け図旧一文字(特に内向き)や中波止の外向き、それに沖の北の内向きなど、捨石にタイトに攻めるときは、ガンダマの位置を上にずらす仕掛けで、アタリを連発した事があります。せっかく、当サイトに来て頂けましたから、こういうレアな情報もお伝えしますね。笑

一般的に、チヌ狙いの場合、「仕掛けを這わせる」と言うのを、お聞きになった事があると思います。実際、岸和田一文字でも、仕掛けを這わせたほうが良く釣れる場合などもあります。

これ、底がフラットなら、落としオモリ(ハリスと道糸の結合部分に打つガンダマ)の位置を底に持ってきて、ハリスにガンダマを打たないで、ハリス分を這わせればOKなんですが、捨石と海底の境界線の駆け上がりをタイトに攻めるのが基本の岸和田一文字の場合、落としオモリの位置を駆け上がりの上、サシエを境界線部分と言うイメージで釣りをした方がアタリがたくさんあることに気づきました。

爆釣!チヌのフカセ釣り

この図は、姉妹サイト爆釣!チヌのフカセ釣りから引用していますが、イメージとしては、こんな感じです。岸和田一文字の場合、特に旧一文字のフカセ釣りで効果があった仕掛けです

キモは、波止からの掛け上がりまでの距離が解っている事、それに潮の流れと風がある場合に効果的と言うことです。

赤灯などは特に北に早い潮が抜けますから、西からの風が吹いたときの内向きの釣りなどで、バッチリとハマります。(こう言う場合、底まで流れている事がい多いからです)

際のイ貝の層を落とし込むフカセ釣り仕掛け

イ貝の層を狙う・基本仕掛け図この仕掛け図は、私が和歌山でグレ釣りをするときに一番良く使う仕掛け図です。この仕掛けで岸和田一文字の波止際のチヌが狙えます。

岸和田一文字の場合、水温の高い時期に、チヌがイ貝の層に浮く事が一般的です。落とし込みのチヌは基本的に、このチヌを狙いますが、これが、落とし込みで釣れるチヌをフカセ釣りで仕留める有力な仕掛けになります。

タナが完全に上ずった時は、ハリスを1.5ヒロとか短めに、また、横風が強く吹く場合などは、道糸とハリスを先に直結してハリスを10mほど取り、ハリス部分に上記の仕掛けを作るのも有力です。これは俗に1000釣法と呼ばれ、グレ釣りでも有力な仕掛けとされている仕掛けです。

落とし込む時は、サシエを際に出来るだけタイトに、サシエが先に落下して、ウキを引くようなイメージで仕掛けを馴染ませます。2ヒロくらいまででドカンと来た事が何度もありますから、底がエサ取りだらけで、食わないと思ったら、試してみる価値ありです。特に、水深のある沖の一文字で有力です。

スリットの駆け上がりを軽い仕掛けで攻める仕掛け

スリットの沈め釣り・基本仕掛け図スリットは位置的に、斜めからの潮が当たりやすく、しかも、潮の高いフカセ釣りの感じ良い時間帯は、払い出しが強烈になります。このため、秋のスリット狙いのようにボトムに意識がある場合でも、仕掛けが馴染むころには、全然違う所に仕掛けが吹っ飛ばされているような状況が多々あります。これを回避するにはやはり・・・

  • でかいオモリで一気に落とすか・・・
  • 沈め探り釣りかです!

でかいオモリで一気に落として、沈めればそれが一番効果があるようですが、スリットの底はエサ取りも強烈で、サシエが掠め取られては、アッサリと根がかりです。(基本的に、サシエが取られないような状況では、這わせてもあまり根がかりはしないですが、カラ針は確実に根がかりします、岸和田一文字だけの話ではないです)

エサ取り対策と、釣りたいボトムの潮に確実に仕掛けを届けるには、適度なスピードで落下する、いわゆるゼロ沈めの釣りが好都合です。

先の際を釣るフカセ釣りでは、オモリの位置を口ナマリにしていましたが、これをハリスと道糸の直結部分に持ってきて、やや重めのガンダマを使用します。こうする事で、オモリが落下を始めると、ウキも一緒になって沈み始めますから、トップレンジからミディアムレンジのもんだ潮の中を上手くフォーリングさせることが出来ます。

この仕掛けは、風が強い日は1000釣法に切り替えて上手く行きそうですが、やや沈みすぎの感があります、普通にサスペンド系の道糸でやる方が都合が良い場合が多いですが、潮によっては、1000釣法が良かったりするかもしれないですから、その辺りは、アングラーのヨミとローテーションの決断と手返しの勝負になります。

ザーーと書きましたが、以上5種類くらいの仕掛けのローテーションで良いチヌがたくさん釣れます。かなり慣れも必要と思いますが、初心者の方には、別項も設けますので、そちらを参照するようにしてください。(チョットビギナーには難しかったかも。。。汗)

しかし、頑張ればこういうのがガツンと来ます!(^◇^)

年無しチヌ