フカセ釣りの釣り具

釣り具は出来るだけ軽装で

岸和田一文字のフカセ釣りの釣り具はどんな物が良いでしょうか?

ぶっちゃけて言うと、ナンでも良いのですが、それじゃ釣りの情報サイトにならないので、基本的な竿の号数とか、道糸のこととか色々気づいている点を書いていきたいと思います。

釣り具には高額な釣り具もありますが、岸和田一文字でも、ゴッツイ高額の釣り具とか使っている人もたくさんいます。(私も釣り具は好きなので結構ゴツイもんを使いますが・・・^_^;)

波止では正直「そこまでの物は要らない」とは思えます。しかしながら、波止だから、磯よりも道具の傷みもマシならば、汚れもマシだし、キズも磯に比べれば、全然つかないで使うことも出来ます。要するに、釣り具にある程度ナルシスト的な人は、波止釣りゆえに高額な釣り具を持っているのもアリってことですね。まあ、好き好きですが・・・(私は、結構釣り具ナルシストでした・・・^_^;)

ロッドとタモ

岸和田一文字ではチヌ竿が扱いやすいチヌのフカセ釣りの場合、当然ですが、専用のモデルがありますから、それが良いです。「チヌ竿は曲がりすぎて他のアングラーの迷惑になる」(要するにチヌやスズキに走られて、領海侵犯をする)なんて事いっている人もいますが、今日日のチヌ竿はバットのパワーも強烈で、波止チヌ相手なら思いっきり立てれば、大抵の物はとめることが出来ます。

それにハネ相手でも、チヌ竿でやる方が案外釣りやすいのも、目からウロコです。走るスピードの速いターゲットや掛かると直ぐに根に行くターゲット相手にはグレ竿が勝ると思いますが、波止魚にそういう厳しいのはほとんどいません。(ときたまいますが・・・笑)

両方使ってきた私が知る限りでは、チヌ竿の0.8号から1号クラス、長さは5.3mが使いやすいです。

タモは、沖の外向きの高場は6.3mが欲しいですが、それ以外は5.0か5.3の柄に枠は50cmクラスが扱いやすいです。スズキ相手に60cm枠を持つ人もたくさんいますが、タモ入れはテクニックによる部分が大きいです、枠がでかけりゃ入れやすいと思ったら、そりゃ全然違います。(ただ、ネットは深いほうがスズキは取りやすいです)

リールと道糸

岸和田一文字のフカセ釣り、リールと道糸は?岸和田一文字に限らずフカセ釣りではスピニングリールが使いやすいです。それも、レバーブレーキを搭載したモデルが圧倒的に人気で使いやすいですが、私は自分の釣りへのこだわりからフロントドラグでレバーブレーキの無い物を使っています。

FDタイプのリールの使用は個人的には釣技の向上に繋がると思いますが、かなりの釣りバカにならないと、上手く扱えなかったりもしますから、無理をせずにLBタイプのリールがおすすめと言えばおススメです。関連記事(ハネ釣りのリール

リールの番手はエビ撒き釣りのリールと同じように2500番クラスが扱いやすいです。フカセ釣りでも道糸は2号が扱いやすく、フロート系の道糸よりもサスペンド系の道糸が扱いやすいです。

岸和田一文字はメインの風が夏場は南西、冬場は北西です。北東から南西方面へ伸びる岸和田一文字は、メインの風が横風になる事が多く、ある程度風を意識した道具立てで釣りに臨む方が賢明です。

その他の小道具は

岸和田一文字のフカセ釣りの道具一式岸和田一文字の釣りでは出来るだけ軽装で、釣り物は一本に絞った方が良い釣りになりやすいです。これは他の波止でも同じような事が言えると思いますが、ナンでも釣りたいと思う人ほどスカタンを踏む確立が高くなります。

例えば、アジ釣りの後にタチウオを釣りたいとかなら話は解りますが、シラサエビとオキアミの両方を持って波止に上がる人とかもいますが、こういうのはどっちつかずになってあまり良い事はありません。

潮の変化のタイミングで食いだすのが魚釣りの鉄則で、シラサで食うタイミングとオキアミで食ってくるタイミングはほとんど同じになることが多く、どちらか一つにしておいた方が、狙いが明確でよい釣りになりやすいです。

それはさておき、フカセ釣りではウキは00、0、3B、4Bの各サイズ、ウキ止めやカラマン棒などの小物、それにハリスは1.5号、針はグレ針の6号〜8号、ガンダマはG5、G3、G2、B、3B、4Bを私は持ち込みます。その他、ラインカッターやプライヤー、それに偏光サングラスです。こららをライフジャケットのポケットに入れて、直ぐに取り出せるようにしています。

まあ、釣れるタイミングは少々仕掛けが違っていても食ってきますから、適当でいいといえばいいのですが・・・