概要

岸和田一文字・スリットのチヌ岸和田一文字のチヌは良型から大型が多く体高のあるチヌが特徴です。このため、引き味も一味違うし、大型に切られた話も日常茶飯事です。

私自身は、落とし込みはまったくと言って良い程やら無いです。どちらかと言うと、足を止めてマキエでチヌを止めて狙い打つような釣りがメインで、釣り方としては、現在はフカセ釣り一辺倒でチヌを狙ってますが、エビ撒き釣りでもかなりの実績を持っています。(チョット釣り自慢・・・笑)

釣友には、もちろん落とし込みの名手もたくさんいます。落とし込みと張り合って釣りに行っていたりしてますし、落とし込みの常連からの情報もたくさん入ってきますが・・・

肝心な事は、落とし込みで釣れるチヌがシラサエビやオキアミのような柔らかいエサも食うかどうか?、これだと思います。

結果から言うと、食うと思います。タダチョット釣りか方が違ったりします。その辺りのコンテンツを中心にこのカテゴリは進めて行きたいと思います。

エビ撒き釣りのチヌ

岸和田一文字のチヌ釣り岸和田一文字では、たくさんのチヌがエビ撒き釣りで仕留められています。どちらかと言うと、エビ撒き釣りのハネ釣りの外道で食ってくるのですが、確かに狙って仕留めるのは難しいかもしれないです。

しかしながら、私自身、エビ撒き釣りでチヌを狙い打っていた時期があります。ハネを避けるようにしてチヌにアプローチする方法・・・、沖の一文字のスリットで体験したエビ撒き釣りのチヌの爆釣、こうやります。

さらに詳しい情報はこちら
岸和田一文字・エビ撒き釣りのチヌ釣り


フカセ釣りのチヌ

岸和田一文字・フカセ釣りのチヌ釣りチヌのフカセ釣り、難しいとか思ってませんか?

波止釣りのフカセ釣りの場合、磯のフカセ釣りのように軽い仕掛けの方が有利とかそういうのは、無いんですね。

岸和田一文字のチヌは、ほとんどがボトムで出ます。ボトムに仕掛けが行けば・・・、ボトムにオキアミのマキエを利かすことが出来れば・・・、卦のあるときなら、チヌは高確率で釣れるんですが・・・笑

波止のフカセ釣りの基礎知識、岸和田一文字の波止の構造、磯のグレ釣りから学んだ落とし込みで釣れるチヌを仕留めるメソッド、どうですか?、ご興味ありますよね?

さらに詳しい情報はこちら
フカセチヌ釣りの仕掛けのお話・・・
仕掛け図
チヌ釣りの釣り具


落とし込みのチヌ

落とし込みのチヌ釣りのコンテンツは、現在作成中です。暫くお待ち下さい

ポイント別チヌ釣り

沖の北のチヌ釣り

岸和田一文字・沖の北のチヌ釣り岸和田一文字の沖の北は先端の低場を中心にチヌの魚影が非常に濃いポイントです。ここのチヌは落とし込みで釣る人が多いですが、実はフカセ釣りでもナンボでも釣れます。(エビ撒き釣りでも釣れます)

低場は潮が走る手前の吸い込まれる潮を狙う、あるいは、西から風が吹いて沖の潮が入ってきた瞬間が狙い目ですが・・・

まあ、チョット危ないので、あまりおススメでは無いですけどね・・・笑

ベタ際のチヌをフカセ釣りで釣る方法、粘りを入れて釣る低場のフカセチヌ釣り、チヌ釣りアングラー必見のコンテンツです。

さらに詳しいコンテンツはこちら
沖の北のチヌ釣り


スリットのフカセ釣りのチヌ釣り

岸和田一文字・スリットのチヌ釣り岸和田一文字のスリットは年間を通してチヌを狙う事が出来るポイントです。おススメは秋(11月ごろ)のチヌ釣りで、この時期はエビ撒き釣りでもフカセ釣りでも落とし込みでも、大釣りになるときがあります。

私の釣友はストリンガー2本持って釣りに行ってたりしてましたが・・・笑

スリットの釣りは、エビ撒き釣りとフカセ釣りでは、少し釣り方、狙い方が変わってきます。難しいことを言うと、少しだけ潮を釣る感覚が欲しい、こんな感じですが・・・

さらに詳しい情報はエントリーをご覧下さい。

さらに詳しい情報はこちら
スリットのフカセ釣りのチヌ


中波止のチヌ釣り

岸和田一文字・中波止のチヌ釣り岸和田一文字の中波止はエビ撒き釣りのハネ釣りで有名なポイントです。正直って、「こんな所にハネいるの?」って言うポイントですが、ハネの魚影は強烈に濃いです。

さらに言うなら、最近ではチヌの魚影もすこぶる濃い、以前は水路と外向きがメインのチヌ場でしたが、最近では内向きでも釣れるようになってきています。

岸和田一文字の中では最も内海側に位置する防波堤、しかし、この防波堤の底力は計り知れない物があります。

チヌだけ狙って釣るには、どうするか?、さらに詳しい情報はこちら
中波止のチヌ釣り


旧一文字のフカセ釣り

岸和田一文字・旧一文字のチヌ釣り岸和田一文字の旧一文字は、私がハネ釣りキチガイだった時に、58cmの巨チヌを釣友が釣った事で、一気に脚光を浴びるようになってきたと思います。

それまでも、外向き一帯でフカセ釣りでチヌを狙う人はたくさんいましたが、その巨チヌがが出たのは内向き・・・、ポイントに俗称で釣った人の名前まで付いた一撃でした。

旧一文字のチヌ釣りは、捨石にどれだけタイトに釣るか・、これにかかっていると思います。通って底まで見えるようにならないと、中々言う事を聞いてくれなかったりしますが・・・、通えば必ずと言って良い程、良いチヌにめぐり合えるポイントでもあります。

感じの良さ、釣りやすさではピカイチの旧一文字のチヌ釣り、さらに詳しい情報はこちらから
旧一文字のチヌ釣り