概要

フカセ釣りで釣れたチヌ

岸和田一文字の旧一文字のフカセ釣りは赤灯の一部を除いておおよそは釣りやすいチヌ釣りだと思います。水深は全体的に1本(3.5ヒロ)前後、内向きは若干深いところもありますが、メインの釣り場は外向き一帯になります。

赤灯三百番(三百番についてはこちらを参照)より赤灯側(北側)は徐々に水深が深くなっていきますから、少し変わった釣りになりますが、300番より赤灯船着き、4番、3番、2番、カーブ、それに白灯まで沖向きのフカセ釣りは大たい似たような感じになります。

潮流はそれほど早くなく、水深も1本程度ですから、釣り易さで言えば岸和田一文字でNO1だと思います。それでいて、結構でかいチヌが当たってきたりもしますから、油断も出来ないポイントです。

では、おススメのポイント情報から見ていきましょう

おススメは

赤灯のフカセ釣り旧一文字のおススメ釣り場何と言っても赤灯です。適当に捨石も崩れていますし、潮流も、先端の早い潮に引かれる形で赤灯方面へ流れる潮がメインになりますから、釣りやすいです。

写真のポイントはダンの直ぐ横でここいらが俗に三百番と言われるポイントです。底が荒いとか言われる事が一般的ですが、そんな荒いことは無いです(タコ釣りでガリガリやった事ありますから大たい解ってます・・・)。

やはり、先端の早い潮に、ここいらのポイントから引かれ出すのでは無いかと私は思っていますが、理屈はともかく良く釣れるポイントです。ここいらで釣りが出来ればチョット粘ってみたいポイントであると言えると思います。

赤灯のフカセチヌ釣り、仕掛けは

旧一文字のフカセ釣り・基本仕掛け赤灯外向きでもここいらのポイントでやる時は、タナはおおよそで3ヒロから3ヒロ半、潮が早いときがありますから、図の基本仕掛けが一番扱いやすいと思います。

落とし込みで当たっている時は、あまり前には仕掛けを出さずに、竿下(波止から3m〜5mライン)を2ヒロ半で釣ってみるのも有力で、エサ取りが消えた瞬間にガツンと来るのがパターンです。

エサは生オキアミ一辺倒でOKです。片岡でも山田でも解凍予約に応じてくれますから、自宅を出るときにでも電話すればよいです。(サシエも生で十分です)

配合は混ぜる方が良いです。チヌ用の比重の高い物を選ぶのが一般的ですが、私はグレ釣り用の配合を混ぜたマキエで赤灯は勝負します。

流れがあるし、少しでも浮くかなぁ・・・、なんて個人的には思うんですけどね・・・(それ以外に意味無いです)

旧一文字・3番、4番、カーブ、白灯のフカセ釣り

旧一文字・カーブ周辺岸和田一文字・旧一文字・3番、4番、カーブ、白灯のフカセ釣りは、おおよそで大たい同じような釣りになります。画像は周辺の内向きから取った写真ですが、釣り場は、今鳥が止まっているところから向こう向き、要するに外向きがおススメです。(風がメチャ強い時は内向きも釣れますが・・・)

白灯まで行くと波止も先端ですから、ある程度潮は流れやすいですが、カーブから北方向は波止の中心部分になるので、潮流は全然早くなかったり、流れていない事が多いです。しかし、こういうジッとしているような潮が動く瞬間に時合いになる事が多く、大型も取り込みやすいのがここいらのポイントの特徴です。

潮目を狙うチヌのフカセ釣り外向きは基本的に沖から当たってくる潮が波止に跳ね返って次に当たってくる潮との合流点が狙い目です。これは全国の波止に共通すると思いますが、このような潮の合流点は捨石の境界線部分に出ることが多く、駆け上がりが潮目になりやすいのが波止の特徴です。

岸和田一文字でも、こういう潮目がフカセ釣りの場合は絶好のポイントになります。

チヌは波止伝いにエサの散策に移動を繰り返しているイメージです、潮目はマキエを溜めやすく、移動してくるチヌの足を止めて狙い打つ感じで釣りをします。

フカセ釣りある以上、流れにはこだわりたいですが、波止釣りの場合は、流れだけに注意をとられていては失敗します。案外流れてない方が釣りやすいこともありますが、平たく言うと、こんな感じだと思います。

旧一文字の内向きの釣り

岸和田一文字の旧一文字は内向きもチヌが釣れる旧一文字の内向きでフカセ釣りをする場合、外向きよりもやや水深が深くなる事、それに流れが外向きに比べて緩慢になる事が一般的です。

内向きの釣りはウキ釣りのエビ撒き釣りなどが適していますが、別に普通の円錐ウキの仕掛けでやってもらっても何の問題も無いです。ただ、内向きは流れていても底までシッカリと流れている事が少なく、ある程度サッサと仕掛けを馴染ませて、マキエを撒いているポイントの底を中心に釣った方が釣りやすかったりします。

と言うものの底まで流れている事もありますから、広い範囲で探るようにします。極端に潮下はほとんどマキエが利いてませんから、ケーソンの継ぎ目に陣取って、ケーソン半分流すくらいで様子を見る感じでOKです。

ザーと書いてますが、ハネ釣りの釣り方や他のターゲットの釣り方、それに旧一文字のポイント情報などとあわせて、複合的に釣りを組み立てるとガツンとでかいチヌが来たりします。頑張ってくださいね。