概要

チヌゲット!(笑)岸和田一文字では、ほぼ全域でチヌが狙えますが、その中でも沖の北(沖一文字・北の先端)は有力なポイントの一つです。

先端の低場周りの落とし込みが一番有力と思いますが、私自身、落とし込みはほとんどやらないので、ここでもフカセ釣りかエビ撒き釣りでチヌを狙います。結構釣れます、ポイントをシッカリと押えて釣りに臨むようにしてください。

沖の北は、フカセ釣りでチヌを狙う場合、有力なポイントは低場周辺の内向き、それに外向きの高場一帯が良いと思います。障害物とかはほとんど無いですから、ここでも旧一文字赤灯と同じように捨石にタイトに狙う釣りがメインです。また、夏場など水温の高い時期は、際のイ貝の層に大型のチヌを見ることなどもあります。このチヌも狙って釣れますから、仕掛け図はチヌのフカセ釣りの仕掛け図を参考にして下さい。

ではおススメの釣りを見てみましょう。

おススメのチヌ釣り

ポイント図この図は、姉妹サイト爆釣!チヌのフカセ釣りから引用して書き足してます。沖の北、先端の低場周りのポイント図です。

図で見てわかるとおり、先端の水溜りの手前でくぼんだ形をしてますから、先端に抜ける潮(図で下から上に向かって流れる潮)では、丁度、先端のケーソンに潮がぶち当たる事になります。幸いに、沖の北では北向きに抜ける潮が良潮で、この潮が流れる時は、階段の横(立ち位置1)から竿を出して、ポイントAにぶち当たる潮が狙い目の潮になります。AからBにかけては、底の捨石の状況も適当に崩れていて、オキアミを使用した釣りでは25cmくらいのグレも良く当たります。退屈はしない釣りが出来ると言うものです。

低場の先端、立ち位置(2)で釣りが出来る時は、大物狙いで釣りをして下さい。アタリは少ないと思いますが、当たれば良型の可能性が高く、しかもナギの日しか釣りにならないですから、狙ってみたい釣り場です。Dはベタ際、Cは竿下が良く、ベタ際狙いではタナを浅く(具体的には2ヒロ前後)、竿下狙いでは捨石にタイトに(具体的には5ヒロくらい)を中心に狙います。

西風が吹いて沖から潮が入ってきたときは、仕掛けを遠投してFからEを流してみます。タナは5ヒロから6ヒロで、超良型の実績があります。数回流して、エサを取らないようだったら、また、C、Dで粘る感じです。

岸和田一文字の釣りは、チヌ釣りでもハネ釣りでもメバル釣りでもそうですが、エサ取りのいるポイントを狙うのがキモです。サシエを掠め取られますが、その仕掛けに、エサ取りが乗ってきた時、あるいは明らかにウキに変化があったとき、取られっぱなしのサシエがそのまま上がってきた時は、次の瞬間にドカンと来る事が定番です。

ある意味、非常に釣りやすいポイントだと思います。

ここだけは押えておいて欲しい、沖の北のチヌ釣りのキモ

  • 潮は南から北に抜ける潮が有力
  • 先端のケーソンにぶち当たる潮がメインで狙いたい潮(一人しか入れないです)
  • 低場は際と竿下をそれぞれ狙う
  • エサ取りのいるポイントを狙う

釣り具と仕掛けの注意点は?

岸和田一文字では特に「このポイントではこの釣り具」といった、特別な物は必要の無い場合がほとんどです。あえて言うなら、沖の北や沖の南では、外向きが高場になりますから、高場で釣りをするときには、たもの柄は6mくらいの長いものが欲しいです。(潮が下げている時は、5.3mのたもの柄は届かない事があります)

ロッドやリールは普通に使用しているものでOKです。際を釣る際には、全遊動仕掛けや二段ウキの仕掛けが重宝しますから、定番外の道具としてはこんなもんだと思います。気をつけて欲しいのは・・・

沖の北は一見して、障害物は何も無くて、釣りやすいポイントに見えますが、底の荒れ方が見た目以上に激しいので、このため、アコウの良型や潮通しが良いので、季節によっては青物の良型などが当たったりします。(スズキもでかいです)

ハリスは、できれば2号以上がおススメで、あまり細くしてしまうと「なめんなよ!」って魚に怒られます。(笑)

人気のポイントであることと、沖一文字では、渡船が最初に止まるポイントですから人間の数も多いです。上手に周りの人たちとコミュニケーションをとりながら釣りをされると上手く行くと思います。