概要

このポイントは、マジでオモロイです(笑)沖の一文字・スリットケーソンのチヌ釣りは、面白さで言うと、岸和田一文字の釣りではNO.1の釣りかも知れないです。スリットでは落とし込みのチヌ釣りをされる方が多いですが、「スリットの中で食わせる」なんて離れ業までやってのける人もたくさんいます。(大型は高確率で切られているようですが・・・笑)

私のように、マキエで魚を止めて狙い打つ釣り方も有力ですが、スリットからの払い出しがあるため、ポイントの設定には若干技が必要となります。と言っても、覚えてしまえば、簡単なことですから・・・、暫くは練習するような感じで釣行を繰り返して、ドップリとスリットの魅力に取り付かれてしまう事が、遠いようで早い大型チヌへのアプローチだと思います。

ポイントの詳細解説はこちらです。(岸和田一文字・スリット・ポイントナビ

チヌは、落とし込みの他、エビ撒き釣り、フカセ釣りで狙えます。おススメはフカセ釣りのチヌ釣りです。

おススメの釣り

これがスリットだぁ・・・

当サイトでは、繰り返し、スリットの話が出てきますが、これは、当サイトの管理人の海信が非常にこのポイントが好きで、アホほど通った経験から来る物です。(^◇^)

見ての通り、非常に“趣き?”のあるポイントです。釣りをしない人でも、このスリット(割れ目)には魚がたくさんいることは、容易に想像できますし、掛かった魚が大きくて、ここに飛び込まれたら簡単に仕掛けが切られる事が解ります。

写真はベタナギの状態ですが、満潮と西からの風が合致すると、このスリットから、潮が払い出して、非常に複雑なもんだ潮になります。そうなると仕掛けを投入すると直ぐに吹っ飛ばされて、馴染むころには全然マキエの利いていない場所を釣る事になったりもします。こうなるとダメです。

しかし、オキアミをマキエ、サシエともに使用するフカセ釣りでは、スリットの払い出しを逆用するような釣りが成立します。エビ撒き釣りでは届かなかったチヌにも届くということで、最近人気の釣りの一つでもあります。ポイント図から見てみましょう。

スリット、ポイント図基本は、ベタ際の釣りが最も有力です。当然ですが、スリットの魚はスリットに付いているものが多く、ここを中心に狙わない手は無いです。

ケーソンの継ぎ目は比較的仕掛けの馴染みが良く、ベタ際の底を釣るような場合は、ここで仕掛けを馴染ませにかかります。少し大きめのガンダマ(具体的には4B程度)を使用して、ウキの負荷を完全に殺して超シブシブにするのがキモです。

流れがある場合は、直ぐにスリットの正面に仕掛けが流されますが、こうなると、払い出しに吹っ飛ばされます。この場合は、少し前に仕掛けを投入して、払い出しの勢いを仕掛けに受けるのを少し緩和するようにします。マキエは、際から3m以内くらいに打って、マキエも払い出しに載せて、沖に利かせる感じでOKです。具体的には、波止から5mから9mのラインを丹念に探る感じが良いと思います。

スリットは、年間を通してチヌが出ますが、おススメは秋のフカセ釣りのチヌ釣りです。大型が多く、数も年によって、「異常繁殖」と呼ばれるような年もあります。いずれの年も、ほとんどボトムでチヌは出ます。落とし込みでスリットの中を釣るような場合は1ヒロ前後でチヌがあたる場合もありますが、フカセ釣りやエビ撒き釣りでは、あまり浅いタナは狙わないで、ボトムを中心に狙いを定めた方が、チヌは高確率です。具体的なタナを見てみましょう。

スリットのチヌ釣りのタナ

ベタ際から竿下は4ヒロ半から5ヒロ半くらいを狙います。基本的に南(1番方向)はやや深め、カーブ方向はやや浅めで狙う方が確率的に良かったと思います。(と言っても、5ヒロ前後ですが・・・)

全体的に、9mくらい先が捨石と海底の境界線で、もちろん沖に向かって駆け上がりになっています。駆け上がり部分は、上で5.5ヒロ、下で7ヒロくらいで底です。遠投して、思いっきり沖も狙えますが、底は砂地でシモリが点在している感じです。チヌ釣りの基本は「チヌは石を釣れ」ですから、あまり遠投はせずに、竿下からかけ上がりまでを重点的に探っていくような釣りが正解だと思います。

タナ取りは、エサ取りがいるタナをまずは、攻めて見て下さい。エサ取りがフグとハゲ(カワハギ)なら、そのタナが怪しいタナになります。チヌがよれば、てき面サシエが残りだしますから、次の瞬間にドカンと来る事がパターンです。

エサ取りがアジの場合は、アジを釣るか、ポイントを手前の赤灯や白灯に場所換えがおススメです。波止フカセでは(って、磯でも一緒だと思いますが・・・)、オキアミを使用した釣りでアジをかわす方法は無いと思います。「逃げるが勝ち」ちゃうか・・・、って思います。

これだけは押えて欲しい、スリットケーソンのチヌのフカセ釣り

  • 波止の継ぎ目に陣取って、際から中心に釣りを組み立てる
  • 払い出しにのせて、波止から5mから9mラインも探ってみる
  • おススメの釣期は秋のチヌ釣り
  • タナはボトムを中心に、エサ取りがいるタナを狙う
  • アジが湧いていたら、こっちが逃げる(^◇^)

スリットの釣り、コツは?

スリットのチヌエビ撒き釣りのスリットの釣りでも触れましたが、掛かった魚が大きければ、このスリットに近づけてやり取りをするのは、危険です。

基本的に、掛かった魚は波止と平行に走りますが、ここで慌ててタメに掛かると、スリットの方を向かれて、飛び込まれたら一番やばい場所に魚を誘導する事になります。

横に走った場合は、追従する感じで足を使って、やり取りする立ち位置を変えます。その上で、図のように竿を無理に起こしに掛からずに、寝かせてタメに掛かるのがキモです。(バッカンのある位置で掛けてますが、タメに掛かっている私が立っている位置を見て下さい、5mくらい移動しているのが解ると思います)

スリット構造図スリットは、図のように、普通のケーソンの上に櫛状の隙間の開いたケーソンが積まれている構造をしています。岸和田一文字では全般的に、チヌはボトムで出ます。スリットもご他聞に漏れずで、ほとんどが底で出ますが、掛けたポイントで無理に起こしに掛からずに(起こしに掛かると危ないスリットに近づける事になる)、ボトムの安全なケーソンの前で走るだけ走らせたほうが、取り込み率は上がります。

写真は、あまり竿が曲がっていないように見えると思いますが、これ以上曲げると、返って危ないわけです。沖に走ったら、その時こそ、90度以上の角度を付けて、竿尻を魚に向けて勝負します。ここらの駆け引きが落ち着いて出来る様になるまで、そうですねぇ・・・、100回くらい通いこむ感じでしょうか・・・(^_^)v

スリットでバラシの話、本当に多いです。しかし、ここに書いている私のやり取りで、私のスリットでのバラシは5%を切っています。

チョット、自慢も交えてみました。(^◇^)