死んだエビ、実は・・・

本コラムは紛らわしいタイトルを付けてますが、死んだエビって言うのは実はオキアミです。(^◇^)
オキアミを使ったフカセ釣りやアミエビを使ったサビキの仕掛けに、岸和田一文字ではハネが当ってくる事が良くあるんですね。

オキアミで釣れたハネオキアミ、アミエビってもちろん死んだエビですし、生きエサで釣る事がメインのハネ、スズキの釣りには殆ど使用されることはありません。基本的に、こういう系のフィッシュイーターといわれる魚はサシエ生餌で元気が良い方がアタリが出やすい。こんなん、少し釣りをする人には常識だと思いますが・・・、じゃ全然食わないかと言うと、そんな事もないわけです。

一般的な常識では、例えばフカセ釣りでオキアミを使用してハネが当ってくるような場合、たまたま目の前に落ちてきたオキアミエサに興味を示して食ってきた。生きエビでは無いので、「食える!」と思って食っているようでは無いようで、猫が猫ジャラシにじゃれる様に、とりあえず興味をそそられたから口にしてみた・・・、こう言う感じで当って来ると言う様な考え方で思われている人も多いと思います。

「猫が猫ジャラシにじゃれるような感じで、興味を引く物を口にする」って言うのは、ある意味魚釣りのキモの部分で、ルアーフィッシングなどもこれに近い物があると思います。ミノーなどで、小魚でも演出していればエサと間違えて食ってくるって言うのも解りますが、スプーンなどは、この考え方の典型で、いくらナンでもスプーンをエサと間違えるほど魚はバカとは違うわけです。「ナンじゃこれ?」って思うから触ってみたいワケで、手が無いから口を持っていくって事です。

さて、秋口など、岸和田一文字でオキアミエサでチヌがガンガン釣れるような状況下では、この釣りの外道にハネ(スズキ)がよく当ってきます。オキアミに当ってくるハネは良型が多く、外道とは言え、釣れると非常に嬉しいターゲットでもあります。

さすがに狙って釣るのは難しいと思いますが・・・

下の画像を見て頂いたら、もしかすると狙ってオキアミエサでのスズキ釣りがあるかもしない・・・?
なんて思うんですが・・・

ハラにオキアミが入っていた・・・

オキアミを食っているハネチョット画像がグロいかも知れないですが、波止釣りに興味のあるヒトは興味津々だと思います。このハネ、60オーバーの丁度食べごろサイズなので、久しぶりに「ハネ食ってみようか?」と思って、持ち帰ったハネです。このハネは、オキアミのフカセ釣りでスリットで釣れたハネで、画像は丁度、内臓の下処理をしているときの画像ですね。

胃袋の中に、大量のオキアミが見えます。

これを釣った当日は、沖のカーブのスリット側でフカセ釣りをしていた時、近くに私以外のアングラーは殆どいない様な状況でした。まあ、私のマキエが入っていると断言してもいいと思います。

胃袋の中に大量のオキアミがシラサエビも少し見えますが、殆どオキアミ、これだけ食っているって事は・・・?

コイツはオキアミが食えると確信して食っているわけです。

シラサエビは、状況から見て、午前中の釣り人が撒いたエサだと思います。消化状況から判断して、時間がそれほど経過していない事は明白ですね。

これ、たまたまこのハネがオキアミを生餌と間違えて食っていたのか?、それとも、オキアミエサで釣りをしている人のそばに居ついているハネは、どのハネもこのようにオキアミを腹いっぱい食っているのか?

もし仮に、オキアミでハネ釣りが出来るんなら、エサ代のコストを考えると、かなり格安のハネ釣りが実現します。もうチョット詳しく研究してみないとナンとも言えないですが、新しい釣りが出来るかもしれない?、なんて思って、魚を料理中に写真を撮ってみたんですね。(^◇^)

マキエの作り方の考察

一般的にオキアミをマキエに使用する釣りでは・・・

  • 細かく砕くのは口太グレ狙い
  • チヌや真鯛、青物、それに尾長グレなどは、オキアミの形状を残してマキエを作る

こういう事が常識としてまかり通っています。

このハネに入っていたオキアミを調べた所、ほぼ100%原型を留めたままのオキアミが入ってました。形のひどく崩れた物や配合エサは殆ど入っていませんでした。

私は、エビ撒き釣りでチヌを狙っている時に、底撒きカゴを使用して、シラサエビにチヌパワーを混ぜて撒いて釣りをした事もあるんですが・・・(イヤー、色々やってます・・・笑)

このときはハネが入れ食い状態のときで、それでもチヌを狙って釣りをしているときだったのですが、チヌパワーを混ぜたマキエをした時は、アタリがまったく無く、エビだけをマキエにしたときに限ってハネが当ってくると言う様な状況に出くわした事があります。

ハネは濁りを嫌う性質がある!

こう結論付けた事があったんですね。今回の腹の中のエサを見ても、配合が入っていないことは、まんざら、私の推理も間違っていないなぁ・・・、なんてチョット自慢です。(^◇^)

このハネ、たまたま、私以外に釣り客がいなかったから、オキアミを仕方なしに食っていたと見るか?
オキアミを使用した新しい釣りが、もしかしたらあるかも知れないとおもうか?

私は後者ですが、あなたはどっちでしょうか?