概要

83cmのスズキ・・・汗(エビ撒き釣り)

岸和田一文字のハネ釣りは大阪湾を代表する釣りの一つです。根強い人気でファンも多く、筆者なども気が狂ったようにこの釣りには通っていた時期があります。

岸和田一文字では、年間を通じてたくさんのセイゴ、ハネ、スズキが釣れます。統計的に見ると、春のゴールデンウィーク前後、それに11月から12月の初頭がメインの釣期です。

比較的低水温に強いハネは寒の時期に寒バネ釣りで親しまれ、秋にアジを追って暴れ回り、釣り物としても好ターゲットあることは、誰もが認めるところです。

当カテゴリでは、基本的なエビ撒き釣りのハネの釣り方から、飲ませ釣りの釣り方、あるいはポイント別に見たハネの釣り方などを解説していきます。

ハネ釣りの基本

エビ撒き釣り仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りのウキハネ釣りの基本仕掛けは、岸和田一文字に限らず、繊細な棒ウキを使用した矢引き(約80cm)のハリスが基本です。

この釣りは、専用の釣具と言う物がほとんど無く、グレ釣りの道具を代用することが一般的です。このため、グレ釣り、要するにフカセ釣りと勘違いしている人が多いです。

基本仕掛けや自作のウキの作り方、知らないと上手く釣れないコツなんかも掲載します。ガンガン釣ってみてくださいね♪

岸和田一文字・ハネ釣りのエビ撒き釣り仕掛け、さらに詳しい情報はこちら


季節別のハネ釣り

65センチ、良型のハネ岸和田一文字のハネは年間と通じて狙えます。比較的低水温に強いハネは寒の時期は地寄りの波止がメインで、秋のアジを追い出すと沖の一文字周辺がメインで飲ませ釣りなどでも狙えます。

自己記録を狙いやすいゴールデンウィーク前後のエビ撒き釣り、最強の波止釣り賞される秋のパワー全開のスズキ、季節による攻略ノウハウがあなたの基本にあると、釣りが少しばっかり変わってきたりします。笑

気が狂ったように通ったからこそ知っている季節別のハネ釣りの基本、出し惜しみ無しで当サイトでは、あなたに伝えます。

さらに詳しい情報はこちら
季節別のハネ釣り


ハネ釣りの釣り具

エビ撒き釣りのハネ釣りの定番、エビ活かしクーラーエビ撒き釣りのハネ釣りでは、釣り具にはある程度こだわりがあった方が釣りが面白くなります。と言っても、高額な釣り具が必要と言う事ではないですが、ロッドやエビ活かしクーラーは少しお金をかけておいたほうが良い釣りになります。

無駄を一切省いて、テッチャンスタイルで船に乗るハネ釣りは常連の定番です。言い方は悪いですが、「上手でない人ほど荷物が多い」のも、この釣りの特徴です。

選ぶべきロッドやリール、それにエビ活かしクーラーの工夫や底撒きボールの改造の仕方など・・・、興味のある話をてんこ盛りにしてみました。笑

さらに詳しい情報はこちら

ポイント別ハネ釣り攻略メソッド

中波止のハネ

岸和田一文字・中波止のハネ釣り岸和田一文字のエビ撒き釣りのハネ釣りでは、最も風流と言える中波止のハネ釣り、覚えてしまうと病み付きは必至です。笑

水道の早い潮の釣り方、あたかもヘラブナを釣るかのような内向きのハネ釣り、外向きの捨石にも、良型から大型のハネが潜んでいるのですが・・・

岸和田一文字・中波止のハネ釣り、さらに詳しい情報はこちら
中波止のハネ


旧一文字のハネ釣り

岸和田一文字・旧一文字のハネ釣り岸和田旧一文字のハネ釣りは、捨石をメインに潮の流れに敏感に釣りこなす釣りです。こう書けば難しそうに聞こえますが、良質のウキとチョットした知識があれば、アタリを前もって予見出来たりもします。

人気のポイント赤灯からカーブ周辺の外向きのハネ釣り、白灯も超良型の実績があります。なめて掛かっては痛い目をする釣りばかりです。笑

一番水温が冷たい3月には赤灯の深いところに大型が姿があったりします。秋の絶好機に沖で卦が無いと思ったら、カーブの外向きにいたりするハネ・・・、通ってカンを研ぎ澄ますしかないんですが・・・

さらに詳しい情報はこちら
旧一文字のハネ釣り


沖の一文字のハネ釣り

岸和田沖の一文字のハネ釣り岸和田一文字・沖の一文字のハネ釣りはダイナミックな釣りで、過去にスーパーサイズの多くがここで仕留められています。

エビ撒き釣りがメインの釣りですが、秋の飲ませ釣りも面白く、バラシが一番多いのも、このポイントです。

沖の北、スリット、沖の南、沖の一文字でハネの卦が出たときは究極の選択を迫られる事になりますが・・・笑

さらに詳しい情報はこちら
岸和田沖の一文字のハネ釣り