概要

中波止のハネ釣り岸和田一文字の中波止のエビ撒き釣りのハネ釣りは、ハネ釣りの基本と呼べる部分が随所に仕組まれた、まさにハネ釣りの登竜門と呼べるような釣りです。

材木は浮いているし、支柱もあります。狭い水路もあれば、波止の両サイドに石畳は顔を出しています。外向きの海域は少し荒れ気味の海域を釣る事になれば、内向きはあたかも池でヘラブナでも釣っているかのような趣です。しかも、それぞれで、数釣りも出来れば大型も当たります。かなり悩ましいです。(笑)

中波止を釣りこなす事は、ポイントを見る眼力やロッド捌きなどのテクニック部分の成長にも繋がります。岸和田一文字に通う以上は、ここの釣りは避けて通れない釣りでもあります。

では、中波止のハネ釣りの詳細解説をいって見ましょう!

中波止のハネ釣り

65cm、良型のハネ岸和田一文字の中波止は、ハネ釣りは全体的に出来ますが、外向きのポイントを釣るか内向きを釣るか、あるいは水路を釣るかで、釣り方が少しづつ変化します。ポイントを抑えておくのが得策だと思います。

外向きの海域は、障害物が何も無く、捨石の境界線部分を狙う旧一文字の釣りと良く似ています。ただ、外向きは風波の影響を受けやすい海域ですから、道糸を細くするなど、やや風を意識した仕掛け作りがキモになります。

内向きは、南北の風の影響はありますが、風波の影響をほとんど受けない海域で、あたかも池を釣っているような雰囲気で釣りを楽しむ事が出来ます。内向きも外向き同様に捨石と海底の境界線を狙いますが、水路に近いところに陣取った場合や材木が浮いている時は、水門や材木の陰を狙うのも面白いです。

問題は水路の釣りです。(メチャクチャ面白いですが・・・笑)

中波止水路部分拡大図この図は、当サイトの姉妹サイト、爆釣!チヌのフカセ釣りから引用しています。

フカセ釣りでは、潮の合流点を狙うのがセオリーですが、エビ撒き釣りでハネを狙う場合、「潮を釣る感覚よりも、ポイントを釣る感覚に重きを置く」方が、アタリが出やすい傾向があります。もちろん、ポイントをガッツリ攻めていて、潮が動き出した瞬間や止まり始めた瞬間にアタリが出ることが多いですが、グレ釣りなどで言う「潮を釣る」感覚とは、また別物だと思います。

水路でエビ撒き釣りをする場合、アタリが出やすいのは、水路の中ほどから、水門に近いところが集中的に当たります。潮が飛んでいるときはアタリが少なく、飛んでいる潮にブレーキが掛かる瞬間と、止まった潮が動き出す瞬間が一番アタリが出やすいです。また、ゆっくりと中に入る潮は、水門の手前でアタリが出やすく、この潮が一番爆釣に繋がりやすい潮であるとも思います。

水路でエビ撒き釣りをする場合、マキエの仕方は底撒きカゴを使用したマキエが良く、ポイントに直接マキエを撒く方が当たりは出しやすいです。水路は、竿先(波止から7mから9m先)のポイントを攻めるのが基本ですが、水路中ほどまで遠投すると、材木運搬の伝馬船の通り道になっていますから、この海底は、溝のようになっています。

水路中ほどの海溝は、かなり怪しいです。低水温の時期なら、底一杯を釣ってみると面白く、具体的には3.5ヒロを釣る感じで、大型を拾えることがあります、これは覚えて置いてください。

同じように、内向きと外向きのボトムは、釣りを終わる最後の30分はかなり怪しいです。具体的には2.5ヒロを釣る感じで良いと思います。

これだけは押えておいて欲しい、岸和田一文字中波止のハネ釣り

  • 潮の動き始めと止まりっパナは時合いになりやすい
  • 潮を釣る感覚よりも、ポイントを釣る感覚で釣る
  • 水路は、底撒きカゴを使用して、ポイントに直接撒きエサを入れる

釣り具と基本仕掛けとコツ

岸和田一文字・中波止のハネ釣りは、できる限り風流にやるのがおススメです。具体的にはこんな感じでやるのがいいです。

岸和田一文字・中波止・エビ撒き釣りのハネ釣り基本仕掛け図
  • 磯竿は、0.8号から1号
  • リールは小型の両軸リール(道糸は2号を70m程度巻く)
  • ウキは、0.5号から0.8号で、2ヒロ半までなら固定ウキ
  • ハリス部分の仕掛けは、基本どおりでOKです

この仕掛け図は、特に水路の釣りで効果的ですが、カラマン棒に当たる位置にウキ止めの糸を用いて、針からの距離を2ヒロ程度取ります。2ヒロなら、固定ウキで釣る感じですね。

仕掛けの落ちはSICリングの付いたスーパーラインスイベルの楕円でやると落ちはイイのですが、より早く仕掛けを落ち着かせるためには、仕掛けの誘導部分を短くするのがコツです。

水路は狭い上に潮が早いときがありますから、この工夫を知っていれば、大きなアドバンテージになります。とにかく潮が早くても、仕掛けが落ち着かない事には、アタリは出ないですからねぇ・・・

水路の大型のハネ・取り込みのコツまた水路では、大型のスズキが掛かった場合、水門の下から向こう側に走ることがあります。この場合は、慌てずに、竿先を海に突っ込んで、とりあえず、水門に道糸が触れないようにします。リールを巻いて、少しテンションが掛かったら、そのままリールを巻かずに、外側方向に歩きます。

図のヒットポイントで当たったハネは、水門の内側に逃げ込もうとしますが、A地点でリールを巻いてテンションを掛けたら、そのままBまでリールを巻かずに移動するという事です。

リールを巻かないのがキモで、リールを巻くとなぜかラインブレイクします。これは、竿の弾力を最大限に活かす事と、道糸の弾力を最大限に活かす工夫です。リールを巻くと、出ているライン量が減りますから道糸の弾力が活かしきれない事になって、そのままハリスが切れる事が多いです。このような感覚は、巻き上げスピードの遅い両軸リールで数をこなすと見えたりします。

AからBに歩くのは、タックルの反発力を増す意味と、もちろん取り込みがやりやすい位置に移動する事を意味します。このように、中波止の釣りでは、タダ単にハネを釣るという事以上に、釣りのいろいろな事を体感できる機会にもなったりします。

まあ、切られて覚える事の方が多いですが・・・笑