概要

岸和田一文字・沖の一文字岸和田一文字の沖の一文字は水深も深く潮流も強い潮流が流れます。(流れてない時も多いですが・・・汗)

旧一文字(地の一文字)や中波止に比べると、少し難しいハネ釣りになりますが、その分良いのが釣れる可能性は高いポイントであると言えます。実際、岸和田一文字の80cmオーバーのスズキのほとんどが沖の一文字で出ます。紛れも無い事実です。

沖の一文字沖の北沖の南のように、普通のケーソンもあれば、中央部の外向きはスリットケーソンになっていて、ここの釣りが中々難解だったります。読みきったときは快感そのものになります。

各ポイントそれぞれで、エビ撒き釣りでハネ釣りが楽しめます。詳しく解説してみましょう。

沖一文字のハネ

岸和田一文字・沖の一文字でのハネ釣りは、エビ撒き釣りのほかに飲ませ釣りも有力です。特に秋口はスズキクラスがアジを追って沖の一文字周辺で暴れます。このスズキはルアーで釣るのも有力ですが、別項で詳しく解説します。

沖の北

沖の北・低場沖の北は、北よりの風波に弱く、風が強い日は渡船が着けなかったりしますが、釣りが出来る以上は頑張りたいポイントであるといえます。エビ撒き釣りでハネを狙う場合、先端の低場には陣取らずに、その手前のケーソンから釣りをする方がおススメです。

先端の低場は潮が早く、足場も悪い事から、重いエビクーラーを持っての釣りはどちらかと言うと不向きです。やるなら1.5号負荷くらいのウキを使用するか、ズボ釣りがおススメで、あまり遠投をせずに、足元の捨石を丹念に攻める釣りが良いです。

沖の北・ポイント図ケーソンから釣る場合、釣りやすいのは内向きで、外向きの高場はたもの柄は6mクラスの長い柄が必要になります。外向きはやれば釣れない事は無いですが、釣りやすい内向きでいくらでも釣れますから、内向きがおススメです。

内向きのエビ撒き釣りはケーソンの継ぎ目に陣取って、足元の捨石から駆け上がりを狙うような釣りです。早朝や夕刻の暗い時間帯は際のイ貝の層も怪しいですが、日中は、駆け上がりをメインに釣りを組み立てるほうが上手く行くことが多いです。

沖の北でのエビ撒き釣りのハネ釣りでは、基本的なタナは浅めで4ヒロ前後、水温が低い時期や秋の大型のハネをエビ撒き釣りで狙う場合は、底一杯にタナを取る方が上手くいく場合が多いです。具体的には5.5ヒロから6.5ヒロくらいでしょうか?

標準的なエビ撒き釣りのタナは4.5ヒロから5.5ヒロ、竿二本先(約9mライン)を丹念にエビでポイントを作っていくような釣りです。

潮流は、北に抜ける潮がメインで、図では下から上に抜ける潮が良潮です。反対向きに流れても釣れない事は無いですが、ここも、基本どおり、潮の流れ始めと止まりっパナに時合いになる事が多いです。

沖の南

沖の南もエビ撒き釣りでハネが良く釣れます。ここは、内向きにオイルフェンスがありますが、その周辺でハネが釣れるのがパターンになっています。

沖の南・ポイント図オイルフェンス周辺は深く狙う方が当たる確立は高いです。具体的には6.5ヒロ前後くらいで釣る人が多いですが、このくらいの深ダナ狙い場合、マキエサは底撒きカゴ一本でマキエを入れるのがコツで、上撒きでは中々狙いのタナまで届かないです。

沖の北同様に、暗い間は際と捨石の上3.5ヒロくらいも怪しいポイントで、明るくなったら、駆け上がりの底で張るという感じの釣りです。結構でかいのがいますから、ハリスは2号以上がおススメで、障害物が無いからと言って、1.5号にすると、厳しいやり取りを強いられる事があります。まあ、それはそれで楽しいかも知れないですが・・・

外向きの高場も有力なポイントです。メバルが当たるようなら、ハネの卦は薄いですから、内向きがおススメですが、小型でもセイゴが当たるような時は、狙ってみる価値はあります。外向きも水深はおおよそで内向きと同じくらい、標準的には5.5ヒロくらいでやる人が多いと思います。

オイルフェンス周辺が込み合っている場合、もう少し北(スリット方向)に歩いて、釣りをすれば良いです。これは私的な感覚ですが、ケーソンの継ぎ目に植物が生えている場所が何箇所かありますが、私は好んでそういう場所を選んで釣りをしていました。草が生えるくらいだから、もしかしたら良いかも?、と思って釣りをしますが、あんまり関係ないかもしれないです。(^_^;)

潮は内向きは右から左に流れる潮が本命で、外向きは南に抜ける潮が良いと思います。

スリット

スリットケーソンスリットのエビ撒き釣りは、個人的には、一番好きな釣りです。ナンと言っても迫力が違います。掛かったハネはやり取りを間違えると、一目散にスリットに逃げ込みます。ここに入られたら、一発でラインブレイクです。

スリットは、エビ撒き釣りの場合、基本はベタ際で、波止から30cm以内を釣るのがキモです。寒の時期と秋口はボトムで釣れますから、標準的なエビ撒き釣り仕掛けが良いですが、夏場に浅いタナ(1.5ヒロから3ヒロ程度まで)で、セイゴが中心に当たる時は、仕掛けを若干変化させるのがキモです。

スリットケーソン・ポイント図スリットは、櫛状にケーソンに隙間が開いていますが、スリットケーソンは、土台のケーソンの上に置かれていて、土台部分は普通のコンクリートケーソンであるといわれています。具体的には、スリットになっているケーソンは3.5ヒロ程度までで、その下の普通ケーソンは高さが3mほどある感じです。

このため、ボトムを釣る場合は、スリットと言えども、仕掛けのある位置は普通ケーソンですが、夏場に浅ダナで釣る場合は、モロにスリットの正面を釣る事になります。潮がもむ上に、払い出しの影響もマトモに受けるポイントです。スリットの正面を釣る場合はこういう風にチェンジします。↓

  • ハリスを短く太くする

ハリスを短く太くする事で、仕掛けの絡みを最小限に防止します。具体的には50cmから60cm程度の長さにして2号から3号のハリス、中心部分のガンダマもBくらいを打つようにすると、馴染みが良くなります。

際を釣る場合、糸ふけは最小限に留め、アタリがあったら、真っ直ぐに竿を煽って合わせを入れるのではなく、沖に向けて魚の顔の位置を変えるような合わせを入れるのがキモです。沖に向いたハネは沖に走りますから、沖に走り出したら、糸を送って、捨石の向こう側くらいで勝負するようにします。これがマトモにスリットの近くで勝負にかかると、思い出したようにスリットに入ろうとされます。

スリットに入られた場合は、ラインが壁に当たっていなければ、出し方があります。参考にしてみてくださいね。

  • 入られたスリットの真上に立つ
  • スリットをまたぐように両足を広げて、スリットに対して直角に引っ張れるようにする
  • 少しだけリールを巻いて、やや強めのテンションをかけます
  • ここまでやってラインブレイクしなかったら、思いっきり沖側にタメを入れます
  • 絶対に、竿を立てすぎない事、それに、魚がスリットから出るまでは、絶対にリールを巻かない
  • 出てしまえば、かなり弱っているはずです、タモ入れは簡単だと思います

リールを巻かないのがキモです。竿捌きだけで魚をあしらわないと、スリットから魚を出す事が出来ないです。慣れるまで出来ないと思いますが、知っておいて損はないテクニックと思います。