季節によるハネ釣りの違い

松原氏・良型のハネでした

岸和田一文字のエビ撒き釣りのハネは、年間を通して、岸和田一文字の各ポイントで狙う事が出来ます。夏の終わりごろや3月初旬の最も水温の低い時期など、まったく卦の無いときも無いでは無いですが、通ってポイントに精通すれば一発くらいアタリが拾えたりもします。これが出来るようになると、活性のあるときは持ちきれないくらいハネを釣る事になりますから、卦の無い時といえども練習するくらいの意識が大切です。

例えば、寒の時期は中波止が標準的な狙いですが、沖の一文字で釣れたりすることもあります。本項で紹介する記事は、あくまで「基本的な狙い目」と言うことでご理解をお願いします。

では、岸和田一文字の春夏秋冬のハネ釣りを解説してみましょう。

春のハネ釣り

春先は、寒バネが終わって、最も水温が低い時期になります。この時期はハネも活性が低く、若干釣り辛いですが、その分魚自体にパワーもあまり無く、大型が当たっても取り込み易い時期だと言えます。

狙いの中心は、寒バネの残りを中波止に狙う感じで良いと思います。さらには、赤灯の最深部(先端より)にも卦がある事があり、どちらを狙うかは、アングラーの好みになります。

赤灯で釣る場合、通称ダンからさらに赤灯よりに歩いて内向きがベストです。タナは竿2本くらいの深場を釣ると、思わぬ大型いたりする事があります。私は、ちなみにこのポイントで70アップを何度か拾いましたが、引き自体が大したことが無いので、取り込みも比較的楽です。

また、旧一文字中波止ともに、この時期は、アイナメの良型から大型も当たってきます。40cmを超えてくるような代物がいますから、楽しい釣りにすることも出来ます。

尚、この時期は地方(じかた)も有力で、大津川尻貝塚人工島の水道なども実績のあるポイントです。

4月に入って、水温が上昇し始めると、ハネの活性は一気に最高潮にまで達してきます。この時期は沖の一文字に超良型を拾いに行きたいところです。

エビ撒き釣りのハネ釣りは、年に二回の絶好期があります。すなわち・・・

  • ゴールデンウィーク前後の春先
  • 11月と12月初旬の初冬

春のハネは、大型が当たる割にはスズキと言えども、そう大して強い引きをしないです。この時期は絶好の自己記録を出す時期と言う事も出来ます。

春のハネ釣りは、寒バネの残りを拾うことから始めて、ゴールデンウィーク明けの、バチ抜けが始まるまで、エビ撒き釣りで楽しむ事が出来ます。

夏のハネ釣り

岸和田一文字の夏場のハネ釣りは、やれば釣れない事は無いですが、どちらかと言うと、神戸方面の方が有力と言えるかもしれないです。私の実績では、夏は神戸ばっかり行っていたように思います。

と言っても、当サイトは岸和田一文字の波止釣りガイドですから、岸和田一文字の夏場のハネ釣りを解説します。(汗)

夏場の岸和田一文字のハネ釣りは、スリットの浅めのタナと中波止の材木の陰が有力です。

スリットはセイゴ(40cm前後)が中心で数が出ることが一般的です。狙うタナは3ヒロ程度までの浅ダナで、標準では2.5ヒロ、ポイントはベタ際です。早朝は1.5ヒロ程度の浅ダナからスタートして、標準的に2.5ヒロを狙う感じで上手く行く事が多いです。このタナで当たっている時は、底に仕掛けを持っていても、卦の無い事が多いですから、小型の数釣りをしながら、大型を待ち伏せする感じで釣ると上手く行きます。

また、中波止の夏場は非常に面白く、大型が入っていることがあります。狙い目は、水路や内向きのボトム部分で、材木が浮いている時は、材木の陰を浅く狙う釣りなどもあります。

いずれを狙うかは、山田渡船片岡釣りエサ店で最新の情報を仕入れてからでOKです。

秋のハネ釣り

65センチ良型のハネ岸和田一文字の秋のハネ釣りは、もっともスリリングなハネ釣りを楽しむ事が出来る時期だといえます。ハネはアジを追って、筋肉隆々のスズキへと成長します。それを狙うわけですから、相当に強いハネを相手にする事になります。

狙い目は、沖の一文字全般ですが、おススメはスリットです。秋はチヌの大型なども外道になりますから、迫力のある釣りになります。

秋に沖の一文字で大型を狙う場合、ほとんどがボトム狙いで来ます。

正直言って、上(浅いタナ)は捨てて、完全にボトム一辺倒の狙いで釣りをしても大丈夫だとも思います。

スリットで、エビ撒き釣りをする場合、秋はボトム中心ですが、もちろんベタ際を中心に釣りを展開します。具体的には4.5ヒロから始めて、5.5ヒロまでを狙う感じでOKです。

この時期は、沖の北、沖の南での飲ませ釣りも有力で、ツバスと一緒に狙うのがキモです。ツバスは、回れば頻繁にアタリを出しますが、スズキは飲ませ釣りの場合、狙って釣れるような代物では無いですから、正直言って、スズキ狙い一本では待っていられないです。

ツバスは40cmから50cmクラスの小型が中心で、時折70cmクラスのハマチが当たります。そのオマケでスズキを狙うような感じの釣りですから、これは宝くじのような物です。(飲ませで卦がある時を除いてですが・・・)

冬のハネ釣り

11月に秋のハネ釣りで大いににぎわう岸和田一文字ですが、12月に入って寒波がやって来ると、寒の時期の釣りに移行します。寒の時期は、中波止のエビ撒き釣りのハネ釣りが面白く、味のある釣りを展開できます。

北西があまり強く吹く場合は、地寄りの波止で釣りをする方が良く釣れたりもします。ここいらの状況は片岡釣りエサ店が有力な情報を持っています。

一文字は沖の一文字は、秋の残りのデカイのが当たる事があります。これは正月過ぎまでは時折ビックリ箱みたいにやって来たりしますから、少しでも卦があるなら、沖の一文字も有力です。

完全に寒さが入っていたら、中波止の風流なハネ釣りがイチオシです。