伝統的な釣り

エビ撒き釣りのハネ釣り大阪湾の代表的な釣りの一つにエビ撒き釣りがあります。この釣りは生きエビをパラパラ撒きながら、内海を、あたかもヘラブナを釣るかのように繊細に釣るのが、本来のこの釣りの妙といえます。

琵琶湖で取れるシラサエビの入手が地理的に簡単だったこと、それに、大小の河川が多く流れ込む大阪湾はスズキの生息域としても一級品で、すべての条件が上手く重なったため、この釣りが発展したのだと思います。

現在では中国や韓国からのシラサエビの輸入も盛んで、春先でもエビが切れる事は無くなって来ました。また釣り道具の性能が大きく進化した事から、繊細な仕掛けで大型が狙える、スリリングな釣りへと変貌を遂げつつあります、これはグレやチヌの釣り、ルアーフィッシングなどでも同じだと思います。

本項では、一般的なハネ釣りの仕掛けに、岸和田一文字ならでは味と言うか、伝統的な仕掛けなども紹介します。では、基本仕掛け図から見てみましょう。

基本仕掛け

エビ撒き釣りのハネ釣りでは、普通に釣り雑誌に載っている仕掛けで十分に釣れますが、当サイトではそれを超実践向けに解説してます。初心者の方は、ここまでやる事は無いです、普通の釣り雑誌に載っている仕掛けで十分に釣れると思います。

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛けまず、ウキですが、ハネのエビ撒き釣りではウキには特にこだわるほうが面白いです。別項を設けておりますからそちらをご覧下さい。→岸和田一文字のハネ釣りのウキ

エビ撒き釣りのハネ釣りの場合、最も特徴的な部分はハリスの部分だと思います。

この釣りは生きエビを使用したウキ釣りという事で、ハリスの長さ、それにハリスにガンダマを打つという部分でグレのフカセ釣りなどとは大幅に異なります。

ハネのエビ撒き釣りは、ウキ釣りであってフカセ釣りではありません。

磯竿を使用し、使用タックルのほとんどが磯のグレ釣り道具を代用して使いますから、間違えやすい点です。これは注意が必要です。では、仕掛け図を見てみましょう。

この仕掛け図で、潮が回って、大型の卦があるときは超良型(80cmオーバー)でも十分に当たってきます。グレ釣りの道具を使ったり獲物が大きな物まで釣れることから、ハリスを長く取った方が良いと思っておられる方も多いと思いますが、ズバリ、ハリスの長さの基本は矢引き、すなわち約80cmくらいまでが正解です。

生きエビを使用するということで、長いハリスは、エビが泳ぐからでしょうか?、タナボケがひどくなって、掛かる心配の手前でアタリが極端に少なくなります。またエビの活きで勝負するハネ釣りは、サシエサのエビを元気良く跳ねさせることもキモで、このため、針は細軸が圧倒的に勝ります。

昨今は、底撒きカゴを使用して、ポイントにダイレクトにシッカリとマキエを入れたほうが良い釣りになりやすいです。このため、ハリスとオモリ部分をスナップで結合して、底撒きカゴ使用時にはハリスをワンタッチで外せるようにしておくのがコツです。ハリスをつけたままで底撒きカゴを使用すると、ハリスがカゴに絡みやすく、キズがつきやすいです、バラシの直接的な原因になります。

ハリスの中央部分のガンダマも大事な部分で、このガンダマが無いとタナがボケてアタリが少なくなります。生きエビの釣りではほとんど場合、このガンダマを使用します。筏の釣りなどでも使用するガンダマで、この辺りがオキアミエサの釣りと、大幅に異なる点です。ガンダマの具体的な号数は、G2からG3程度で良いと思います。

ここだけは押えて置いて欲しいエビ撒き釣りの仕掛けのコツ〜その1〜

  • ハリスの長さは矢引き(約80cm)で長く取らない
  • 底撒きカゴを使用するときはハリスを外した方が良い
  • ハリスにはガンダマを打つ
  • 針は細軸が圧倒的に良い

ウキとカラマン棒

エビ撒き釣りのハネ釣り・基本仕掛けウキのセットは、中波止で釣る場合は、3ヒロまでの釣りになることが多く、固定ウキで釣りをするのも風流です。

しかし、最近のハネは浮き難くなっている事、あるいは底撒きカゴを使用したほうがアタリが多い、底にマキエを溜めた方が継続的にアタリを拾いやすいことなどから、岸和田一文字では深場を狙う方がハネは良く釣れる傾向があります。

このため、ウキのセットも遊動仕掛けにセットしている方が無難です。では、もう一度基本仕掛け図を見てみましょう。

仕掛け図では、カラマン棒の位置もウキ止めの糸にしていますが、伝統的なエビ撒き釣りっぽく釣りをした方が気分が良いです。それ以外に意味は無いです。普通のカラマン棒で十分ですが、取り付ける位置は、オモリからウキの長さだけ離して取り付けます。これはウキ釣りの基本中の基本です。初心者の方は覚えて置くようにしましょう。

遊動仕掛けに棒ウキをセットする場合、シモリ玉を使用することもありますが、出来ればシモリ玉は無い方がいいです。シモリ玉は仕掛けの落ちが悪く、深ダナを狙う時に手返しが悪いです。SICリングのついたスーパーラインスイベルと言う釣り具が売っています。これの「楕円」を使用するようにしてみてください。

スーパーラインスイベルは仕掛けの落ちが抜群で、ラインを通す穴が楕円の物を選べば、シモリ玉無しでウキ止めの糸だけでも仕掛けは止まります。

エビ撒き釣りは大阪湾の伝統釣法です、出来るだけシンプルにやる方が趣があっていいです。

ここだけは押えて置いて欲しいエビ撒き釣りの仕掛けのコツ〜その2〜

  • カラマン棒はオモリからウキ1本分離してつける
  • SICリングのついたスーパーラインスイベル「楕円」を出来れば使ってみる