エビ撒き釣りのリールは何が・・・

ハネが釣れました・・・笑

岸和田一文字のエビ撒き釣りのハネ釣り・・・、エビ撒き釣りのロッドは3種類を使い分けるのがキモです(別にメインロッド一本でもナンボでも釣りは出来ますが・・・笑)。このロッドに装着するリール、当然あなたもアングラーですから、リールには特別なこだわりがあると思います。(無いかしら・・・汗)

私自身は、最初にレバーブレーキのリールでハネ釣りをスタートし、両軸リールをメインで使用していた期間を経て、現在はフロントドラグのリールでハネ釣りを楽しんでいます。色々なリールを使用して気づいたエビ撒き釣りハネ釣りのリールの話・・・、次にリールを買うときの参考にして下さいね。

おススメのリールは

岸和田一文字のエビ撒き釣りで一番使いやすいリールは、ズバリ、レバーブレーキタイプのスピニングリールで番手は2500番クラスです。総合的に考えて、このモデル、大きさが最もこの釣りに適していると思います。

釣りはおおよその場合で、「食わせるまでのテクニック」と「取り込みのテクニック」に別れますが、エビ撒き釣りでは、遠投が容易なスピニングリールが両軸リールに勝ります。また、基本的に糸の出し入れで勝負するハネ釣りは、リールの逆転がスムーズに出来るレバーブレーキのモデルが使いやすいです。

まあ、レバーブレーキの本来の使い方とは若干違いますが、それは後述します・・・

両軸リール

岸和田一文字のエビ撒き釣りのハネ釣りは、捨石をタイトに狙うような場合、遠投の必要が無いですから、両軸リールでポイントをピンポイントに狙う釣りがあります。実際、私は両軸リール時代に爆発的な釣行回数を重ねていましたし、メチャクチャ釣りました。このタックルのコンビネーションは、かなり理解しているつもりです。ぜひ参考にして下さいね。

両軸リールは、チヌのいかだ用の物を使用すれば良いです。この場合のメリットは次のような物があげられます。

両軸リールのメリット

  • ポイントをピンポイントに絞りやすい
  • スピニングリール装着よりもロッドが軽いため、操作性が良い
  • 巻き上げスピードが無いため、ロッドで魚をあしらうようになれる
  • チヌのいかだ用リールは小型のため、道糸が量的に経済的である
  • 本体がプラスティックなので、寒の時期は、手に優しい

とにかくスピニングリールのように、道糸がバラっと出たりしないですから、仕掛けを振り込んでも、ウキの着水点はそんなに大きくぶれないです。エビ撒き釣りは、広範囲に探るような釣りでは無いです、どちらかと言うと、捨石を中心としたポイントにエビをピンポイントで撒いてヒットポイントを作っていくような釣りです。

両軸リールは糸の出が悪い上に、タックル全体が軽くなりますから、ポイント設定がやりやすいです。これは両軸リールを使用した際の大きなメリットになります。また、スピニングリールのように巻き上げスピードが無いですから、とにかく竿で魚をあしらわないと、取り込みに至らないような場合も多発します。自然と竿捌きというものを覚えやすいのも、両軸リール使用の特徴です。

チヌのいかだ用のリールは通常小型で、道糸は2号から3号が60mから80m程度巻ける物が多いです。ハネのエビ撒き釣りに使用する道糸と同じくらいの号数ですが、ハネ釣りでは、道糸は使っても30mから50m程度です。一回上物用の150m巻きを買ってくれば、二回巻けるという点でもメリットです。

また、チヌのいかだ用のリールは本体がプラスティック製の物が多く、冬場に冷たくなりきらないですから、寒バネ釣りでロッドを持っている手に優しいのも大きなメリットです。(スピニングはそりゃ冷たい・・・涙)

しかし、半致命的なデメリットもあります。

両軸リールのデメリット

  • 遠投して釣る場合、手返しが非常に悪い
  • やり取りの時にロッドを強く握ってしまう

両軸リールを使用してハネ釣りをする場合、遠投がやりづらい、チョット考えれば誰だって分かると思います。ルアーのベイト用のリールを使うのも手かな?とも思いますが、ルアーに比較して軽いハネ釣りの仕掛けが思うように飛ぶとは考えづらいです。また、強く竿を振ると、エサ切れの原因にもなれば、バックラッシュも多発するし、ロッドも痛みが早くなります。

両軸リールを使用して遠投をする場合は、フライフィッシングのようにあらかじめ道糸をリールから出しておいて、仕掛けを振り込むようにします。この時に、ウキに糸オモリを巻いておくなどの工夫が活きてきます。

また、両軸リールを使用してハネ釣りをする場合、やり取りにおいては糸を出す時に道糸を送りますが、この時、当然ドラムを逆転させて道糸を送ります。この際にどうしても、ロッドを強く握りすぎる傾向があります。

ロッドを強く握ると、肩に力が入って、十分にロッドの弾力を活かしきれないデメリットがあります。ロッドを強く握ると、必然的に肩に力が入ります。こぶしを強く握って竿を起こす動作をしてみてください。肩に力が入るのが自覚できると思います。

肩に力が入った状態では、なぜかバラシが多発します。肩の力を抜いて竿を起こすように気をつけておくと、ロッドの弾力が生きてくるのが自覚できるようになります。チョット知っておきたい話だと思います・・・笑

スピニングリール

エビ撒き釣りではスピニングリールを使用するのが一般的です。番手は2500番が扱いやすく、道糸は2号が最も適した号数であると思います。スピニングリールは、レバーブレーキの付いたリールが扱いやすいです。ダイワかシマノで一台持っておきたいところですね。

最近ではレバーブレーキタイプのリールでもドラグ機能が搭載されているものとかもありますが、磯竿を使用する場合、ドラグの調整は非常に難しく、合っても使わない装備になりやすいです。まあ、ハネ釣り以外でチヌのフカセ釣り(あるいはエビ撒き釣りでチヌ狙い)の時には、あった方が良い装備になるかも知れないですが、値段ほどの差は無いと思います。普通に、レバーブレーキのリール、これで十分だと思います。

レバーブレーキのリール

レバーブレーキのリールレバーブレーキのリールの特徴は糸を出しやすい点が最も特徴的な部分だと思います。もちろん、この機能は強い引きが掛かった時に、糸を出してラインブレイクを防ぐ意味がありますが、本来的な使い方は、のされた分だけ糸を送ることがレバーブレーキの正しい使い方です。

エビ撒き釣りのハネ釣りの場合は、この正しい使い方はまったく無視して頂いてOKです。のされる前にサッサと糸を送ったほうが取り込み立は上がります。また、セイゴ、ハネ、スズキは大きさを問わず、エラ洗いをしてくる習性のある魚です。ルアーフィッシングと違って、リーダー部分(ハリス)に細いラインを使うエビ撒き釣りでは、エラ洗いはバラシを誘発するため、百害合って一利なしです。

弱る前に海面近くまで浮いてきたら、ロッドを左右に寝かせてテンションを緩めます。こうする事で、海底方向に走りますから、これにあわせて糸を送るのがやり取りのキモです。要するに、レバーブレーキ付きのリールが使いやすいです。

フロントドラグのリール

フロントドラグのリールは、糸の出し入れが忙しいエビ撒き釣りのハネ釣りでは、デメリットが多いのも確かです。ナンと言ってもルーターを逆転させる動作が非常に難しいことがその理由です。

フロントドラグのリールFDリールはクラッチを切って使用するのがキモです。オープンベールでウェイティング動作を取り、合わせのタイミングまではそのままオープンベールでやります。オープンベールで合わせる時は、スプールの天面に指をあてがってあわせます。こうすると、糸が止まりますから、シッカリとあわせることが出来ます。(図参照)

ロッドを支えるのは、竿を持っている手の人差し指一本で支えます。中指はリールのルーター部分に添えて、リールの逆転を防ぎます。強い引きが掛かった時は、この中指一本でルーターの逆転にブレーキをかけます。

サラっと書きましたが、ゴッツイ難しいです。出来るようになるまで何度もつき指をします、ヘタをすると骨折までします。しかし、このタックルコンビネーションでハネ釣りが出来るようになると、先に書いた、ロッドを強く握ると、肩に力入ってバラシを誘発するというのが、メチャクチャわかりやすくなります。ナンと言っても、人差し指一本で竿を支える以上、絶対にロッドを強く握る事が出来ないからですね。

本項はすべて私の経験から書いています。通常の釣りの情報誌などでは、ほとんどお目にかかることは無いコンテンツだと思います。ぜひ参考にして下さいね。