磯竿は数種類を使い分けるのがキモ

80弱でスが極太のスズキでした。T名人岸和田一文字のエビ撒き釣りのハネ釣りは、通えば通うほどに奥が深く、多くのアングラーがこの釣りにのめり込みます。当然ですが、それぞれのアングラーがそれぞれにこだわりを持った釣り具でハネ釣りをします。

私自身も、エビ撒き釣りの釣り具には、数百万は突っ込んだと思います。ロッドもダイワからシマノ、がまかつで最高級の磯竿まで使いましたが、値段はともかく、竿は数種類を使い分けるのキモという事が分かっています。

リールも、両軸リールを使用して中波止をヘラブナ釣りのように釣り、レバーレブレーキタイプで磯釣りのように釣ったりもしましたが、現在はフロントドラグのリールで落ち着きました。それぞれにメリットデメリットがありますが、全部やってきたからおおよその事は分かってます。もちろん当サイトでお伝えしますね。(エビ撒き釣りのリールの話

ロッドやリールは、実際適当な物でハネはナンボでも釣れます、岸和田一文字に限らず、エビ撒き釣りのハネ釣りで、一番こだわるべきはエビ活かしクーラーです。(断言できます)

本項ではエビ撒き釣りのハネ釣りのロッドについての解説です。

岸和田一文字のエビ撒き釣りのロッド

一般的な釣りの情報誌などでは、エビ撒き釣りのハネ釣りのロッドは、大きなスズキまで対応できるように、磯竿の1.2(5)号から1.5号程度を薦めている物が多いです。実際の話これで十分です!しかし、こだわるなら、おおよそで3種類のロッドを使い分けます。

春先のエビ撒き釣りは0.8号から1号のロッド

春先の低水温の時期に、赤灯沖の北沖の南のボトムを狙うような釣りでは、0.8号から1号程度の硬さが扱いが良いです。長さは5.0でも5.3でもOKですが、軟調の物が使用しやすいと言うことです。この時期は、大型のスズキクラスまで期待できますが、引き自体は大して強くないです。強い竿で締め上げるよりは、軟調のロッドで、遊ばせる感じのほうが取り込み立が上がります。糸の出し入れで勝負する感じです。

スズキは尾びれが長く、確かに遊泳力はあります。大型は強い引きを感じますが、グレや石鯛のように根に持ち込まれるというような事は、ほとんど無いです。どちらかと言うと、海溝に沿って走り回るという表現が正しいと思います。

このため、大型が当たった場合は、走らせるだけ走らせてから取り込みにかかるのがキモです。持久力も大したことが無いですから、リールを逆転させて、糸の出し入れで勝負するのがコツです。

スズキに根に持ち込まれる場合で多いのは、強い磯竿(具体的には1.5号〜2号)で絞って、弱る前に足元のテトラやスリットに近づけた場合だと思います。強いロッドで絞ってスズキの頭をこちらに向けさせれば、そこには飛び込まれると非常に困るスリットやテトラがあるという事ですね。

一般的に魚は、頭の向いている方向にしかダッシュできません。これが解るっているかいないかで、波止魚の取り込み率は大きく変わってくると思います。岸和田一文字の場合は、特にスリットでこのようなバラシが多いです。

秋のスリットはズームタイプのロッド

沖一文字のスリットケーソンは、年中エビ撒き釣りでハネは狙えますが、おススメは秋の大型狙いのハネ釣りです。この時期のスズキはアジについている事が多く、体力的にも最も強い時期で、秋の岸和田一文字のスリットのスズキ(80cmオーバー)は、まさにトロフィーサイズと呼べます。(これの取り込みは、マジで難しいです・・・笑)

スリットは風波の直撃をマトモに受けやすい場所にあります。また、スリットのエビ撒き釣りは、基本的にベタ際(波止から30cm以内)を釣る事が多く、ショートレンジのロッドが操作性に勝ります。

しかし、体力的に強く、体高もある秋のスズキは、走らせた後に寄せて来るのがロングレンジのロッドの方が無難です。仕掛けの操作と取り込み、これらを、総合的に機能的に出来るロッドが、シマノのズームタイプのロッドです。

ショートレンジ(4.8)は持ち重り感が無く操作性が良く、払い出しの強いスリットの潮でも釣りこなすのが楽です。魚が掛かったらロングレンジで竿の弾力を活かしたやり取りで取り込み率を上げれます。

おススメは1号の48-53、中通しよりも外ガイドが岸和田一文字の基本です。(関連記事・岸和田一文字旧一文字赤灯・ポイントナビ

寒バネのエビ撒き釣りは1.2(5)号から1.5号

寒の時期のエビ撒き釣りのハネ釣りは、風流に軟調のロッドに両軸リールで捨石をタイトに狙う釣りもあります。この釣りの場合は0.8号から1号のロッドが良いですが、昨今のハネはマキエをしても浮きにくいと言う特徴が出て来ています。

これは、岸和田特有かも知れないですが、落とし込みでも、「岸和田一文字の場合は、イ貝の層を突破して、底まで一旦落としてみる必要がある」(名手・松原氏)くらいです。ハネも水温の低い時期は、全体的にボトム付近に活性がある傾向があり、ボトム一辺倒でギャンブルに出るほうが良い釣りになることが多いです。

さらに下記のような条件が重なる場合は、風流な寒バネ釣りも対応力のあるタックルで臨む方が得策と思えます。すなわち・・・

  • 土日で人が込み合うような場合
  • 周りで(近くで)底撒きボールを使用された場合

平日でポイントに自分一人しか入っていないような場合は、竿下の捨石をメインにシラサエビの撒き方も上撒き一辺倒でハネを上ずらす事も出来ますが、アングラーの数が多い土日祝日の釣りでは、駆け上がりのボトムをタイト(底イッパイ)に攻めたほうがアタリが取りやすいです。

これは、ハネが人間に気づいているのかどうか?というような話ですが、気づいているわけは無いです(魚ですから・・・)。しかし、人出が込み合うとポイントにストレスを与えてしまっている事は経験則から考えてもそんなに外れていないと思います、。これは1週間で5日程度の釣行を約3年程度重ねて込み合うポイントも閑散としたポイントも全部釣ってきたから解ります。そんなに外れていないと思います。

また周辺で底撒きボールを使うアングラーがいる場合でも同じです。底撒きボールでポイントにダイレクトにマキエを利かされてしまったら、いくら上撒きでエビを撒いても、底撒きエビで撒いたポイントの方がハネは付きやすいです。

寒バネは少し遠投をして、底撒きカゴでマキエを繰り返す方が得策になる事が多い、すなわち、固めのロッドでポイント作りに重点を置く方が釣りになりやすいという事ですね。(キモです)

寒の時期は、北寄りの風が強いのも特徴です。風の中では、軟調のロッドよりもやや固めのロッドの方が扱いが良いと言う点もカバーします。さらには、低水温の時期のハネ釣りは、バラしてしまってはそれまでになることも多い釣りです。

40cm前後のセイゴから65cmまでのハネクラスが中心で、スズキクラス(70cmオーバー)も少ないですから、バラさないように、1.5号くらいのロッドに3号ハリスで取り込み率を上げる事も、数を出すキモです。

色々な条件を考えると、寒の時期のハネは、強いロッドの方が得策です。参考にして下さいね。

出来れば持っておきたい3本のエビ撒きハネ釣り用ロッド

  • 0.8号から1号の軟調の物(5.3m推奨)
  • 1号で48-53のズームロッド
  • 1.2(5)号から1.5号の硬調の寒バネロッド