概要

貯木場・南水門阪南港の周辺は色々釣りが出来るスポットがあります。貯木場周辺からホクシン合板のテトラ一帯、それに片岡釣りエサ店と山田渡船の直ぐ横の岸壁でも釣りは出来ます。

おススメは貯木場南水門のハネ釣り(北側の水門でも出来ます)、ホクシンテトラのチヌ釣り、片岡釣りエサ店横の岸壁のアジ釣りとタチウオ釣り、山田渡船横の岸壁のエビ撒き釣りなどです。

片岡釣りエサ店と山田渡船の間に春木川が入っていますが、バチ抜け時のルアーフィッシングで、この川では大型のスズキが出ます。これなどもおすすめです。

おススメ釣り場では大半の場所で、車の横付けが可能です。周りは材木関連の会社などがひしめき合ってますが、仕事の迷惑になら無いように駐車して釣りを楽しむようにしてください。ではポイント情報をどうぞ

ポイント情報

すべてのポイントをカバーしたいですが、画像があるポイントから順にアップロードしていきます。好釣り場の情報等がありましたら、ご連絡いただけると幸いです。

ホクシン合板のテトラ

ホクシン合板テトラ

ホクシン合板横のテトラのから釣りは、チヌが良く釣れます。通称でデッパリというポイントがありますが、そのポイントに入れるなら、フカセ釣りで狙ってみると面白いです。高頻度で良型のチヌの釣果が聞かれます。

エビ撒き釣りは南向きのテトラ一帯で楽しめます。北風が風裏になりますから、冬場の釣りにおススメです。遠浅で遠投が必要ですから北風の日に風に仕掛けとマキエを乗せる感じで釣ると上手く行きます。

タナはフカセ釣りのチヌ釣りの場合底狙いで3ヒロ程度、エビ撒き釣りのハネ釣りは2ヒロから2ヒロ半で良く釣れます。もちろんケースバイケースでタナ等は変わりますから、事前に片岡釣りエサ店で情報を入手してから釣行することがおススメです。

山田渡船横の岸壁

山田渡船横の岸壁

正直言ってここでやるくらいなら、渡船に乗ったほうがイイと思いますが、やってみると案外釣れるポイントです。春木川の河口に当たるため、キビレの釣果が良く聞かれます。その他エビ撒き釣りのハネが良く、意外な好スポットと言えます。

バチ抜け(ゴールデンウィーク明けから梅雨時分まで)の時に、ここいらではスズキの超良型が当たってきたりもします。意外にパワーのあるスポットです。

貯木場南水門

貯木場南水門

ここは画像の左側に捨石が入ってあって、海底は左から右に傾斜になってます。水門の直ぐ横ですから、潮が走り出すと釣りにならないですが、止まった瞬間は大釣りになることがあります。

釣り物はハネで、エビ撒き釣りで釣るのがイイです。タナは深くとっても2ヒロ半、通常2ヒロで釣りをします。潮が速いのでウキは0.8号を使うのが良いと思います。水深が無いのと、内海のためマヅメにアタリが集中するのが定番です。

周辺地図



大きな地図で見る

地図では交差点名まで出ていないと思いますが、臨海線(29号線)の「木材町南」の交差点を海側に曲がって、湾岸高速の高架を超えた所が貯木場です。地図の矢印の先の少しくぼんだ所が南水門になります。

ホクシン合板テトラは、この道路沿いの南側(画像下側)がテトラ帯になります。ドンつきまで行くとハシゴも付いていて、その先には釣りが出来る堤防もあります。(岸和田地の一文字赤灯の正面に見える白灯のある堤防)

口コミ情報

南水門外側上の地図、材木整理場の画像がこれです。おおよそハネ、スズキのエビ撒き釣りで好ポイントになっているところは貯木場周辺の釣り場が多いです。(南港・平林、尼崎など)

昔々はこの材木の上にのってエビ撒き釣りをするのが風流と言われていましたが、とんでもない話です。めちゃくちゃ危ないです。絶対にやら無いようにして下さい。

最近では釣り道具が格段に良くなっていますから、材木横の怪しげなポイントにも楽々仕掛けを送り込むことが出来ます。材木にのって釣りをするような話は、昔々ののべ竿で釣るエビ撒き釣りの話だと思うんですね。(まあ、これはこれで味があって良いんですが・・・)

現在はのべ竿でハネ釣りをする人は、ほとんどいないと思います。タナが深くなってしまったし、磯竿でやるのが一般的だからです。昔と変わらないのは・・・

材木の陰は常に怪しいって事くらいです!(エエスズキがいます・・・笑)