岸和田一文字に隣接した釣り場・概要

中波止4番から見る、阪南港のテトラ

岸和田一文字に隣接した色々な釣り場の情報を当カテゴリでは掲載しています。せっかくのお休みの日にどうしても釣りにいきたい場合や、渡船料が乏しい時(2000円ですが・・・^_^;)に知っておくと便利な釣りのスポットです。タイミングによっては、こう言った地方(じかた)の方が良く釣れるタイミングとかもあります。

岸和田一文字に隣接する片岡釣りエサ店には、ここいらの釣り場情報が結構入ってきます。片岡釣りエサ店に出入りしている常連の名手から入手し、そして、私がこれまで実践してきた中から、おススメのポイント情報を掲載します。

平均的に山田渡船のほうが良く釣れる事は、統計的に見て間違いないと思います。しかし、タイミングによっては地方の方が釣れる場合もありますから、いけるタイミングでぜひ試してみてください。

中波止4番

中波止4番中波止4番は内向きのハネ釣りなら、西と北の風に強いポイントです。桟橋上に出た小さな波止と石畳からエビ撒き釣りでハネを狙うのがこのポイントです。

内向きは貯木場になっていて、材木が浮いている時は大型のスズキのアタリがあったりもします。(無い時でドカンと来ますが・・・(^_^)v)

外向きもハネには好ポイントでエビ撒き釣りを楽しめ、オキアミを使用したフカセ釣りでチヌもあります。

桟橋先端は渡船を利用する中波止2番、3番の水道の釣りと同じです。水深、潮流共にほとんど同じですが、地方(じかた)とあって、若干中波止3番、2番に比べて釣り荒れしています。まあ、その分マキエはたくさん入ってますから、いつ行っても魚はいますけどね・・・

さらに詳しいポイント情報はこちら
中波止4番

貝塚人工島

貝塚人工島貝塚人工島は、周りのぐるりが全部海に面していますから、釣りが出来るポイントはたくさんあります。

基本的に、一番沖側から出た防波堤は、立ち入り禁止です。入れれば、貝塚の大波止は岸和田一文字のスリットと同じような構造をしていて、岸和田のスリットよりも1ヒロほど浅めで非常に釣りやすいポイントですが、行けないものは仕方がありません。

この周辺のテトラも非常に危険です、無理をして海難事故等に合う事も予想されますから、当サイトでは、できる限り安全なポイント情報を流す事にします。

人工島の丘向きは水道になっていて、ここいらの釣りがおススメです。西からの風波にメチャ強く、強烈な冬型の気圧配置でも竿だしが出来る珍しいポイントです。(まあ、沖が強烈に荒れているときは、あまり釣れませんが・・・)

釣り物はエビ撒き釣りのハネ、それに冬場はカレイも入って来ます。私はここで78cmのスズキを出した事もありますから、侮れないポイントと思いますよ。

さらに詳しいポイント情報はこちら
貝塚人工島

阪南港

阪南港阪南港でも色々な釣りが出来るポイントがあります。この護岸は片岡釣りエサ店直ぐ横の護岸ですが、夜釣りでアジ釣り、タチウオの回る時期なら電気ウキの流し釣り、ドジョウの引き釣りで数が出ます。

このほか中波止4番周辺のテトラ帯も有力なポイントでチヌのフカセ釣りやカレイの投げ釣り、エビ撒き釣りのハネ釣りや、虫エサを使ったキビレの夜釣り、アナゴ釣り等もあります。

阪南港の釣りは手軽で魚種も多彩です。ここいらの釣り情報は片岡釣りエサ店がカバーしていますからお気軽に問い合わせて頂ければと思います。

さらに詳しいポイント情報はこちら
阪南港

大津川周辺

大津側尻のハネ釣り大津川周辺もハネやキビレチヌなど釣りが楽しめます。おすすめはエビ撒き釣りのハネ釣りで、寒の時期に超大型が回る事があります。

テトラ帯からの釣りですから、危ないですが、足場としては比較的なマシな部類のテトラだと思います。大阪側と岸和田側の両岸とも釣りは出来ますが、個人的なおススメとしては岸和田側のポイントです。(反対側も相当に実力あります)

ポイントはヨットハーバーよりも山側に陣取るのが基本で流れの無い時に当たる事が一般的です。また水温の高い時期は小型のセイゴが多く、若干釣り辛いですが、そういうときは真昼に大型が回る事があるようなポイントです。

汽水域ですから、スズキが面白いです。私は入り浸っていた事がありますが・・・

さらに詳しいポイント情報はこちら
大津川尻