概要

貝塚人工島

西からの風波に強く、柵があるので比較的安全に竿を出せるのが貝塚人工島の水道の釣りです。水道は全体的に東を向いて釣りをしますから、西風の風裏になるため、冬型で大荒れの時でも竿出しが出来るという特徴があります。

画像のドン付きまで行くと好ポイントがたくさんあります。チヌやハネ、フカセ釣りでグレの釣果なども聞かれる知る人ぞ知る好ポイントです。

ハネ釣りをする場合は、画像のポイントでOkです。水路ですから潮流は結構速いですが、流速が落ちてきた時に当たるのが一般的で、どちらに流れるかも行ったり来たりします。(南に流れる方が多いと思いますが・・・)

貝塚人工島は南側の先端がプールと呼ばれるポイント、逆に北側の岸壁が「そろばんケーソン」といわれるポイントでいづれのポイントでも釣りは可能です。西側(沖側)のテトラもやろうと思えば出来ますが、非常に危険なため、当サイトではおススメはしません。安全な場所でもいくらでも釣れますから、足場の良い場所を選んで釣りをされるのが良いと思います。

貝塚人工島のハネ釣り

貝塚人工島貝塚人工島の水道ではエビ撒き釣りのハネ釣りが面白いです。ここでは時折ビックリするくらいの大物が釣れたりします。中々侮れないポイントです。基本的な釣り方を掲載しておきますので、参考にして下さい。

おススメは一番寒い時期から春先ですが、夏場でも釣れることはあるようです。ここいらの釣りは片岡釣りエサ店かもしくは、フィッシングマックスで状況を仕入れてから釣りに行くのが良いと思います。

潮流が結構速いため、ウキは1号の棒ウキで、しかもある程度遠投が必要なので、孔雀よりも桐の方が良かったりもします。具体的にはBMウキの1号があれば、格段に釣り易くなります。

標準的な水深は竿二本先で3ヒロ程度、通常ハネは2ヒロ前後で釣りますが、寒い時期は底スレスレに仕掛けを持っていくのがキモです。具体的には2ヒロ半と3ヒロで探りを入れる感じです。

潮流が速いため、マキエは底撒きかごを使って、シッカリと狙っているタナに利かせるのもコツで、ガンガン流れている時はマキエを少なめに、潮が止まり始めたら、アタリが来る前触れですから、そのタイミングでシッカリとマキエを入れます。

寒い時期は、真昼にアタリが出るのも特徴です。早朝や夕マヅメは案外アタリは少ないです。昼過ぎから始めて、2時から4時くらいまでがゴールデンタイムになる事が多く、辺りが暗くなり始める5時前で打ち切りで丁度良い感じです。

エサ代は、正午過ぎから夕方5時までの釣りで、4000円から5000円分のシラサが欲しいです。このくらいのエビの量で、シッカリとポイントを作るのがキモで、少量のエビではここ一番にマキエサが無くて、アタリがシブくなります。

多少高くつきますが、エビ撒き釣りの泣き所でもあります。

貝塚人工島の水道・エビ撒き釣りのツボ

  • ウキはやや重めの1号負荷のものが使いやすい
  • 寒の時期がおススメで、底スレスレを狙う
  • マキエを狙っているタナでシッカリと利かせる(底撒きカゴ使用推奨)
  • 潮の止まるタイミングでアタリが来ることが一般的

口コミ情報

貝塚人工島で注意して欲しいのは、車上荒しです。(私は一回割られました・・・怒)

車のロックはシッカリとかけておくのは当たり前ですが、バッグなどは必ず持参するか、車外から見えないところに保管するようにしてください。貝塚人工島の車上荒しに被害の話は、私だけの話ではなく、結構頻繁に聞かれる話です。常習犯がいると思いますが、警察は何をやっとるんじゃ?

貝塚人工島の水道の釣りは、公園駐車場が使え、駐車場の直ぐ横で釣りが出来ますから、車上荒らしの被害から自己防衛できます。この理由で、私は人工島での釣りは水路しかやらないです。