概要

中波止4番水路中波止4番は手軽にいけて大型のスズキまで狙える格安優良フィッシングスポットです。阪南港の貯木整理場の一番地方(じかた)寄りの防波堤で道路の直ぐ横から入れます。過去にはスズキやチヌの大型の実績もあるポイントです。エビ撒き釣りの好スポットと呼んでいいでしょう。

交通は臨海線の木材町南の交差点(岸和田交通の看板があります)を海側に曲がって、湾岸高速を越えて200mほど走った所の左手になります。土手を乗り越えますが、大したことはありません。地図

この釣り場の釣果状況は片岡釣りエサ店に有力情報が入ります。お気軽にお電話で問い合わせて頂ければと思います。片岡釣りエサ店はこちらから

ポイント情報

中波止4番

水深や釣り方などは中波止3番とほぼ同じです。おススメの釣りはエビ撒き釣りのハネ釣りです。若干釣り荒れしていますが、ハネが回りだしたら、2番や3番と遜色が無いくらいにアタリは拾えます。

ここは出来るだけ水路に近い方(先端側)にポイントを陣取る事がキモで、あまり地方寄りにポイントを構えるとアタリは少なくなります。(釣れない事は無いですが)材木が浮いている時は材木の影を狙うと面白いです。

ポイントは水路周辺、内向きは水門の材木の陰を狙います。外向きはやや遠投(10mから15m沖)してボトムレンジを中心に狙います。具体的なタナは2.5ヒロから3ヒロ程度です。水路は潮が出たり入ったりしますが、これは中波止の水路は皆同じで、少し重い目の付加のウキを使用すると上手く行きます。具体的には1号のウキが使いやすいと思います。

内向きの釣りでは、潮が南方向(左から右)に動く時にアタリが多発します。この潮の止まる瞬間と動き始めはかなり怪しいです。(笑)

中波止4番

内向きは1段下がった形状です。中波止3番と同じ型の防波堤です。西(沖向き)からの風が強い時は、内向き(画像左側向き)の釣りになりますが、背後から潮が超えてくるときがあります。頭から潮をかぶるような事になりますから、出来れば勇気を持って釣りを中止するか、どうしてもやるならカッパを着用してください。

地方(じかた)からの釣りは、危険を回避するには全部自分でやらないとダメです。甘く見ていると命を落とす事にもなりかねませんから、こういった釣り場で釣りをするときでも、必ずライフジャケットは着用するようにして下さい。

これだけは押えておいて欲しい中波止4番の釣りのコツ

  • おススメの釣りはエビ撒き釣りのハネ釣りです
  • 内向きは右に潮が流れる時にアタリが出やすい
  • 材木が浮いている時は材木の影を狙う

口コミ情報

中波止4番の外向きはオキアミを使用してフカセ釣りでチヌを狙っても面白いです。私自身はフカセ釣りはほとんど一文字でやるのでここではやった事が無いですが、知り合いが良くここでフカセ釣りでチヌを仕留めてします。

中波止4番外向き、右側がホクシンテトラ釣れるチヌのサイズは40cmまでが多いですが、ここいらの海域は大型のチヌの実績がたくさんありますから本格的にやってみると良型サイズもでると思います。ただ、フカセ釣りをする場合、ボラとの格闘は必至です。(^◇^)

水路は晩秋にアジ釣りも出来ます。また半夜釣りで外向きの投げ釣りでアナゴ、捨石周辺を電子ウキ狙ってキビレ、こういう釣りもあります。干底では捨石が露出していますが、この石が海底まで入っていますから、石の周辺で色々な物が狙えます。

車を横付けで無料のポイントで、こんな感じで結構釣れますから、病み付きになります。(笑)