概要

汐見埠頭側から見た大津川尻大津側尻の釣りは釣り場の直ぐ横まで車まで行ける手軽さがあります。この画像は汐見側から取りましたが、おススメは忠岡側、要するにこの対岸からの釣りです。

基本的にエビ撒き釣りのハネ釣りがメインのフィールドであるといえますが、河口の汽水域のためキビレチヌなども狙えます。

水温の高い時期は小型が多いですが、寒の時期の水温が最も低い2月3月に私は良く行きます。手軽に行ける割には良型から大型のスズキクラスまで当たってくるので面白いです。

交通は、私の場合だと、片岡釣りエサ店でエサのシラサエビを購入後、臨海線を泉大津方面に走って、木材町南で左折。貯木場南水門中波止4番の様子を見て、そのままどん付まで走って、どん付きを右折(右折しかできませんが・・・)、真っ直ぐに走ってどん付きを右折(ここも右折しか出来ません)、ヨットハーバーの100mくらい先に車を止めれば、左側の土手の向こうはすべてポイントです。

ポイント情報

忠岡川から見た大津川尻

画像は大津川尻、忠岡のヨットハーバーで、対岸は汐見埠頭です。このヨットハーバーの100mくらい川上から忠岡港周辺でハネ釣りが楽しめます。ここは足場がテトラですから、軽装がおススメです。エビクーラーとロッド、タモくらいで小道具はすべてライフジャケットに仕舞う感じで釣りをするのがイイです。足元は沈みテトラがもちろん入ってます、強引なやり取りが基本になります。

水深は、仕掛けの届く範囲はほとんど2ヒロ半程度しかないです。基本は2ヒロで食わせるハネ釣りです。流れは、川下に流れたり川上へ流れたりですが、基本的には川上に流れる方がアタリは多いと思います。(これは潮によって変わったりもすると思いますが・・・)

寒の時期の釣りがおススメですが、大津川の忠岡側は北風が向かい風になります、西風は左から吹いてきますから、西から北の風は釣り辛いです。といって南風が期待できる時期ではないですから、風の弱い日和の良い日を狙って釣行するようにしています。

ポイントは、少し遠投をする方がイイです。そのためウキは重量のあるウキの方が扱いが良いです。私は孔雀の棒ウキのボトム部分に糸オモリを巻いて浮力調整をしたものを良く使用していました。こうやってウキ自体に重量感を出してやると、扱いが凄く良くなります。ウキについては別項で詳しく解説します。

タナは2ヒロ程度ですから、エビの撒き方は上撒きで十分ですが、近くで底撒きカゴを使う人がいる場合は、底撒きカゴを使ってピンポイントに撒くようにします。(こうする事で時合いで当たり負けする事はなくなります)

ここは汽水域ですから、超ド級の超過も時折聞かれます、ハリスは2号以上がおススメです。

大津側尻、ハネ釣りのコツ

  • 寒の時期の寒バネ釣りがおススメです
  • 北風と西風は弱いポイントです
  • 遠投して、タナは2ヒロ前後を狙います
  • ハリスは出来れば2号がおススメです

口コミ情報

ここのテトラは猫がいますから、魚をクーラーボックスに入れたりストリンガーに繋いだりしておかないと、取られます。後ろでガサっと音がしますから、ドキッとします。

魚だけでは無く、パンとかバッグに入れて置いておいても、近くまで寄ってきますから、注意が必要です。猫にバッグを触られると、テトラの間にバッグがサヨナラです。これはかなり悔しいので、見つけたら、大きな声を出して追い払うようにしましょう。

しかし、猫が出たときは、なぜか良く釣れます・・・

ナンでかは解りませんが・・・笑