概要

岸和田一文字旧一文字3番4番岸和田一文字・旧一文字の3番4番、中々侮れないポイントです。外向きで落とし込みの良型のチヌ(時折内向きでも釣れますが)、エビ撒き釣りのハネを始め、色々な魚種がたくさん釣れます。

梅雨時分のタコ釣りは3桁の大釣りもあります。また、外向きのフカセ釣りのチヌ狙いでは、大型のチヌの実績も多々あります。何の変哲も無く横一文字の防波堤ですから、一見して好ポイントには見えなさそうですが、潮次第では思わぬ大釣りがあります。

また、春先のアイナメの大型が出るのも、3番4番は有力で、内向きのエビ撒き釣りで数が出ることがあります。ポン級で5匹とか持っている人が時折いますから、シーズンが来れば狙ってみたいポイントです。(根魚は外向きもかなり怪しいです・・・笑)

渡船は各番号がついたハシゴの前に止まります。3番から探り始めて4番までジックリ探ってそこで船に乗るなんていう手もあります。(大した距離ではないです)

マキエをする釣りでは腰を落ち着けて釣りますが、緩やかな潮流に変化が出る瞬間が時合いになる事が多く、気をつけておかないとトンでもない一撃が来たりします。(筆者はここで50mほど道糸を持っていかれたことがあります。エイじゃ無いですよ・・・笑)

潮流が緩やかという事で、エサ取りもそれなりに多いです。エサ取りが消える瞬間が時合いになる事が多く、そういう点では非常に読みやすいポイントであるともいえます。

通えば、面白さ倍増です。ポイント的にも広く障害物が何も無いので、伸び伸びと釣りが出来るのも嬉しいポイントです。

ポイント情報

岸和田一文字・旧一文字の3番4番・・・、
私に言わせると、こういうポイントを釣りこなしてこそ、防波堤の釣りは面白さが10倍増すると言い切っても大丈夫だと思います。

岸和田一文字・旧一文字ポイント図

これはどう言うことかと言うと、沖の一文字南の白灯の釣りでも触れていますが、目に見える障害物とかが無いポイントでは、シッカリと底の敷石に目が行ってないと、中々思うように釣れないからです。逆に言うと、捨石の形状や水深まで読みきっていると、アタリを出しやすいポイントであるともいえます。ではポイント図を見てみましょう。

ポイント的には地の一文字白灯の釣りとほぼ同じです。潮流は白灯よりも緩やかで、南北に流れる事が一般的です。

水深はこれも、白灯とほぼ同じで、内向きの竿下が3ヒロから3.5ヒロ、ベタ際は2.5ヒロ程度です。駆け上がりは約9m先で、竿下よりも1ヒロ程度深くなっています。狙うべきはここですね。

外向きの水深は、内向きよりも若干浅めです。ここは遠投してフカセ釣りのチヌがありますが、標準的なタナは3ヒロから3.5ヒロ、エビ撒き釣りでも、おおよそ同じようなポイントを狙います。

防波堤の釣り基本図

波止の断面図はこのような感じです。この基本図は大阪湾の波止に限らず、全国の波止の基本的な建築構造だと思って頂いて大丈夫です。岸和田一文字の場合は、ほとんどのポイントで駆け上がりまでの距離が波止から約9m前方にあります。旧一文字3番4番などのポイントでは、この駆け上がりを重点的に攻める釣りがベストです。

落とし込みや、際のタコ釣りは波止際の釣りですが、メバルやアイナメ、それにエビ撒き釣り(ハネ狙いなど)では、大半の釣りが駆け上がりを狙います。マキエはオキアミを使用する場合は比重の大きな物で底に利かせるように、エビ撒き釣りのような活きエビを使用した釣りでは底撒きカゴを使って、シッカリと駆け上がりにマキエを利かせるようにするのがキモです。

読みきるのがメチャクチャ面白いです。通う意味は十分にあると言い切れます。

ポイント

  • 岸和田一文字・旧一文字の3番4番では、駆け上がりを重点的に狙う
  • マキエをする釣りでは底にマキエを利かせるように撒き方に留意しておく

口コミ情報

岸和田一文字・旧一文字3番岸和田一文字・旧一文字の3番4番では、梅雨時分にタコが異常繁殖していることがあります。「異常繁殖」は少しオーバーかも知れないですが、かなりの数が釣られて、次の日になれば、また同じように釣れたりしますから、相当な数が湧いていると思います。

ここいらは潮流が緩やかなので、タコ釣りに最適のポイントを見つける方法があります。ぜひ記憶しておいて下さいね。

タコ釣りをしていると、カニが浮いてくることがあります。タコの大好物はカニという事で、おそらくタコに追われたカニが浮いてくると思うのですが、カニが浮いたポイントの直ぐ下を狙うと、タコが大釣りになることがあります。3番4番の、特に内向きのポイントは潮流が緩やかですから、カニが潮に流されて何処から流れてきたの?っていう感じはあまり考えずに、そのままカニの下目掛けて仕掛けを入れると、ズーンとのってきたりします。(最高にオモロイ・・・笑)

もちろん、カニの下を狙うタコ釣りは赤灯や白灯でもあります。またカーブ周辺はタコ釣りの好ポイントになっていることが多く、色々な場所で同じような状況にめぐり合えます。

タコ釣りは別項で詳しく解説しますから、そちらも合わせてご覧になってみてください。

ポイント

  • 岸和田一文字・旧一文字の3番4番はタコ釣りが面白い
  • タコはカニの下を狙うと大釣りになることが良くある