概要

岸和田一文字赤灯岸和田旧一文字の赤灯付近の釣りは岸和田一文字の代表的な釣りと言って良いと思います。一見して障害物やテトラポットのような目印になるものが何も無いですから、ポイントが絞りにくそうですが、捨石の崩れ具合や潮の通り方などから、このポイントでは岸和田一文字で狙えるあらゆる魚種を狙う事が出来ます。

波止の先端付近は浚渫工事により水深がかなり深くなっています。このため、あまり先端に陣取るよりは少し手前で釣りをする方がアタリが取りやすいです。具体的には、船着きから赤灯方面に歩くと、少し陥没したケーソンがありますが、そのケーソンから赤灯方面は徐々に深くなっていきます。

山田渡船で取った魚拓先端は潮通しが良くアジ釣りの最適のポイントです。また落とし込みのチヌも良く水温の高い時期には大型のチヌの姿を水面下に捉える事が出来ます。

エビ撒き釣りのハネはレギュラーサイズが多いですが、時折70cmを超えてくるスズキサイズが挨拶にやってきます。

スーパーサイズもある場所ですから、障害物が無いといえども、ハリスは最低は2号を使用しておきたいポイントです。

根魚はメバル、ガシラも良く釣れます。ニガ潮が入ったときは、通称300番(上記した段の外向き)でアコウの良型が狙え、春先にはアイナメの大型が当たる事が良くあります。タコ釣りは竿下の捨石狙い、タチウオは外向きの遠投に良型がいます。チヌのフカセ釣りは外向き、内向き共に大型の実績があるポイントです。

基本的に風波にも強く、岸和田一文字に通う以上は押えておきたいポイントであると言い切れます。

ではポイント情報を見てみましょう。

ポイント情報

岸和田一文字・赤灯ポイント図岸和田一文字・旧一文字赤灯の釣りは、岸和田一文字の代表的な釣りと言うよりは、大阪湾の防波堤の釣りの標準的な釣りと言って良いと思います。

テトラポットや人工的なストラクチャのような物は何も無いです。ケーソンの土台になっている捨石をメインにポイント設定するような釣りです。このため、赤灯周辺の釣りでは、「波止から何メートルのライン」という感じで、マキエを利かせて行くような釣りが勝ります。ポイント図を見てみましょう。

図の上部が先端方向(北)、下部が船着きから3番4番方向(南)で、右側が内向き(山側)、左側が沖向きになります。

水深は内向きのほうが若干深いです。具体的には、内向きの竿下で3ヒロから3ヒロ半、駆け上がりの先端付近はおおよそで9mほど先で海底との境界線部分で、この辺りの水深は4ヒロから5.5ヒロくらいになります。

対して、外向きは、内向きに比べると、若干浅めで、竿下で2ヒロ半、駆け上がりまでの距離は内向き同様約9m先、駆け上がりの水深は3ヒロから3ヒロ半くらいです。

ダンでフカセ売り頑張ってます先端に向かって歩いていくと、一段下がったケーソンが2枚ほどあります。「ダン」などと俗称で呼ばれますが、この手前のダンから先端方向は徐々に水深が深くなっていって、灯台側のダンから先は、水深が竿二本くらい(約7ヒロほど)あります。

外向き、手前のダンの2枚手前のケーソンからダンまでが通称「三百番」と呼ばれ、根魚、ハネ、チヌなどが良く釣れるポイントとして常連の間で人気です。

ダン周辺の内向きのハネ釣りも有力ポイントで、釣り座の高さもちょうど良い釣り易さになってます。タコ釣りは全体的に出来ますが、あまり先端には行かずに、船着き周辺からダンくらいまでの内外を狙う感じです。このポイントは、際の底、捨石の上、チョイ投げと色々探る必要があります。

根魚は、内向き、外向き両方釣れますが、おすすめは外向きの際から竿下で、底を狙います。メバルの釣期は長く、真夏から晩秋を除いて狙えます。ガシラは一年中大丈夫です。

先端付近は、アジのサビキ釣りの好ポイントです。数人くらいで固まって、マキエを断続的に入れるのがコツです。春先などは飛ばしウキで遠投して釣れたりもしますが、マヅメには竿下に出るようなパターンが多いです。チヌの落とし込みは、先端付近をメインにとにかく歩き回る釣りです。おすすめはマヅメの外向きです。

何を釣る場合でも、潮の動きはじめと止まりっぱなは時合いになりやすく、エサ取りもたくさんいますが、大型魚が寄ってきたときには、ピタリとエサ取りが消えます。考えようによっては、組し易いポイントと言えます。

ポイント

  • 波止から何メートルという感じでポイントを作っていく
  • 潮の動きっぱなと止まりっぱなは時合いになりやすい

口コミ情報

岸和田一文字・赤灯口コミ情報赤灯の釣りに限らず、岸和田一文字全般の釣りに言えることですが、ゴールデンウィークが明けたころから水温が上昇し始め、図のような赤茶色の汚れた潮が浮く時があります。

これ自体は、赤潮のように見えますが、赤潮とはかなり異なるようです。ナンデかって言うと、この潮が出たときは、平均的に魚の活性が上がり、良く釣れるからなんですね。(赤潮なら魚はほとんど釣れなくなると思います)

一説にはイワシの卵の腐ったヤツとか言う話がありますが、真偽の程は定かではないです。(多分間違ってます)

ハッキリしている事は、この潮が出始めても、魚は普通に釣れるってことなんですね。しかし、困った事に、この潮は結構な粘着力があって、道糸を伝ってロッドに付着しますが、これがインナーガイドロッドを使用している場合、メンテナンスが非常にやり辛いです。

洗わずに放置すると、極端に糸の滑りが悪くなり、インナーガイドロッドが台無しになります。また、釣行後直ぐに水洗いをしても、いくらかは残るようで、これもおすすめではありません。

赤灯や白灯、それに沖の一文字でもこの潮は頻繁に出ます。岸和田一文字の釣りは、このため、アウトガイドロッドで釣りをするのが、圧倒的に勝ります。アウトガイドロッドであれば、水洗いして、ボナンザ処理をすれば、簡単にもと通りになります。ガイドに付着した潮も落とすのは簡単です。

この困った潮は、おおよそですが、水温が16度を超えて来たくらいから頻繁に見られます。時期的には5月中旬頃から7、8月くらいまでが多く、秋の水温が低下し始める頃には徐々に無くなって行きます。

ぜひ、参考にして下さいね。

ポイント

  • 岸和田一文字の釣りでは、できるだけインナーガイド(インターライン)のロッドは避ける