概要

岸和田一文字・旧一文字

岸和田旧一文字は地の一文字とも呼ばれ、沖の一文字ができるまでは、この波止が阪南港の守りの要でした。(まあ、めちゃくちゃ昔の話で、私もその頃は知らないですが・・・汗)

一見して、何の変哲も無い防波堤で、岸和田一文字を知らない人が見ると「本当に釣れるの?」と思えるような一文字です。しかし・・・

この一文字の実力は計り知れないです。何の変哲もない事から、苦手にしている人も多々いるにはいますが、いざ攻略法が分かったときは、大爆釣を経験する事なども珍しい話ではないです。

釣り物は、落とし込みのチヌ、エビ撒き釣りのハネ釣りなど、大阪湾の代表的な大物釣りから、根魚も魚影が濃く、春先のアイナメなどは、40cmを越えてくる大型なども釣れます。

波止の両端はアジのサビキ釣りのポイントで、タチウオや飲ませ釣りのツバスやスズキもあります。梅雨のタコ釣りも数がメチャクチャ出るのもこの波止です。内向きの高さは理想的な釣り座の高さで、初心者の方なども楽しんでいただけます。

赤灯

岸和田一文字・赤灯岸和田旧一文字の北の先端が赤灯です。先端付近は潮通しが良く浚渫工事により水深がかなりあります。(岸和田一文字全域でも一番深い・・・かな?)

潮通しが良いポイントという事で、夏場には大阪湾であるにも関わらずシイラが目撃されたりイルカが跳ねたと言う情報まであります。(マジで・・・汗)

波止の土台になっている敷石は適度に崩れ、絶好のポイントになってます。このため甲殻類や小魚も豊富でそれをベイトにする大型の魚種も多彩で豊富です。

釣り物は落とし込みのチヌ、エビ撒き釣りのハネをはじめとして、サビキ釣りのアジ、タコは際でもチョイ投げでも両方狙えます。根魚の魚影も濃く、メバルの数釣り、ポン旧のアイナメ、探り釣りでガシラの良型なども釣れます。タチウオや飲ませ釣りのツバスなど、岸和田一文字で釣れるほとんど魚種がこの赤灯周辺では狙えます。

さらに詳しい情報はこちら
旧一文字・赤灯ポイントナビ

3番、4番

岸和田地の一文字4番岸和田旧一文字の3番、4番は比較的潮が安定しているため、赤灯の潮が早すぎるときなどに威力を発揮するポイントです。

一見何の変哲も無い防波堤ですが、底の形状は赤灯とほとんど同じで、違いがあるとするなら、水深が赤灯ほど深くないという事です。

水深があまり無いため、釣り易さは岸和田一文字ナンバー1と言っても過言ではありません。しかも、結構強烈な一撃が挨拶にやってきたりもします。決して侮れないポイントいう事ですね。

釣り物は、フカセ釣りのチヌ、アジのサビキ釣り、エビ撒き釣りのハネ、梅雨から初冬に掛けてのタコ釣りが有力、もちろん飲ませつりやタチウオの釣りにも良く、春先のアイナメ、年間を通じてガシラ、メバルも秋口を除いて型、数ともに楽しめるポイントです。

場所が広いので釣り易く、ファミリーの釣りにもOKのフィールド、あとは竿持って釣りに行くしかありません(笑)

さらに詳しい情報はこちら
旧一文字・3番、4番ポイントナビ

カーブから白灯

岸和田旧一文字・カーブから白灯岸和田旧一文字のカーブから白灯付近も趣のある釣りを楽しめる絶好のポイントです。

先端の白灯付近は狭い水道になっており潮通しが良いのが特徴の一つです。またカーブ付近は内外ともに底の形状が荒く、色々な魚が付く非常に面白いポイントです。

釣り物は外向きのフカセ釣りでチヌ、落とし込みも数型ともに楽しめます。サビキ釣りのアジは異常繁殖とも言えそうなくらいアジが湧く時があります。さらにはエビ撒き釣りのハネは内外ともに釣れます。タチウオも意外と大型が回りますから、非常に楽しいポイントです。

白灯からカーブにかけてのポイントではタコ釣りも有力。私の経験ではこのポイントが一番たくさんのタコが湧くと思いますが、もちろん当サイトでタコ釣りはコッテリと解説していきます。

さらに詳しい情報はこちら
旧一文字・カーブから白灯ポイントナビ