概要

岸和田一文字・中波止

岸和田一文字の中波止は阪南港の貯木場を外海と区分けしている、岸和田一文字の中では、最も地方(じかた)寄りに位置する防波堤です。

岸和田一文字の中波止は、一見した所、大した防波堤には見えないです。最も内海に位置するため、防波堤に潮がガンガン当たるような感じは無く、平凡な感じの地寄りの防波堤に、パッと見た感じでは見えると思います。しかし・・・(にやり)

岸和田一文字に通っている猛者達は、みんなこの中波止の実力を知っています。中波止では80cmオーバーのスズキも出れば、50cmオーバーのチヌも出ます。アイナメのポン級も出ればアジのサビキ釣りでは三桁の釣果の人も幾らでもいます。カレイやタチウオ、タコ釣りでも実績があります。侮れないんですね・・・笑

内向きは、波が静かで、あたかもヘラブナを釣るような感覚で釣れるハネ釣りがあります。水道の早い潮や外向きの流れにチヌのフカセ釣りがあります。ハッキリ言って、中波止の釣りは病みつきになります。

一方、セル石やバラ石は埋め立てに伴って出来た、新しいポイントです。

利用できる時間帯は限られていますが、メバルやガシラなどの根魚が非常に濃く、サイズが良いのがこのポイントの特徴です。

バラ石は、磯釣りスタイルのグレ釣りもかなり熱いポイントです。

中波止

岸和田一文字・中波止2番

岸和田一文字・中波止は山田渡船を利用して釣りをする場合、着けてくれるのは2番と3番です。

一番南の1番は既に護岸として整備されており、基本的に立ち入り禁止ですが、釣りをしている人はナンボでもいます。(^_^;)

中波止4番は北の端で、ここは地続きになっています。4番は若干釣り荒れしています。

おすすめは渡船を利用する2番と3番です。

岸和田一文字・中波止3番

中波止は2番も3番も基本的には釣りは同じです。水深、潮流とも両防波堤で大差は無く、同じような釣りですが、釣れる時期でも2番は爆釣でも3番は当たりも無いとか、その逆のパターンなどもあります。岸和田一文字の、究極の選択の代名詞だと思います。

この究極の選択、通うしか確立を上げる方法はありませんが・・・

さらに詳しい情報はこちらから
岸和田一文字・中波止

セル石とバラ石

岸和田一文字・バラ石

岸和田一文字のセル石とバラ石は埋め立てが始まって新しく出来たポイントです。現在も工事中で、渡れるのは土日祝日で時間帯が決まっています。これは、行けるかどうかを船頭に確認するようにしてください。

魚影は、新しく出来たポイントで、石積みも適当に崩れていますから見た目以上に濃いです。おすすめはメバル釣りや水温が高い時期の磯釣りのスタイルで楽しむグレ釣りです。

岸和田一文字・セル石

バラ石では大型のガシラ(25cm超級)が狙え、根魚ファンにとってはたまらないポイントの一つです。

北から風波に非常に弱いです。夏場の南西風は、沖向きが風裏になりますから釣りやすく、おすすめです。

足場はセル石が前下がりで、お世辞にも良いとは言えないです。バラ石は名前の通りの足場です。ライフジャケットの着用や滑らないソールのシューズなどの装備が必需になります。

さらに詳しい情報はこちらから
岸和田一文字・セル石・バラ石