概要

岸和田一文字のセル石とバラ石は現在も工事中で、渡れる曜日、時間帯が限られています。また、バラ石は北からの風波に弱い形をしています、ここいらのポイントは、渡れるタイミングではシッカリと釣りをしたいですが、通って確立を上げていくなら、旧一文字沖一文字の釣りのほうがお勧めと言えばお勧めです。

岸和田一文字・バラ石セル石ではエビ撒き釣りでハネやチヌが狙え、バラ石では根魚の釣りがおすすめです。バラ石の根魚は良型のガシラやメバルが多く、人気のターゲットです。

またバラ石では小型のグレの数釣りが出来ます。磯釣りスタイル(フカセ釣り)で狙うグレ釣りですが、夏場、和歌山、四国のグレがあまり釣れない時期に足の裏サイズ(25cmから28cm程度)の数釣りが出来ます。タイミングによっては「磯よりも釣れる」(常連談)時がありますから、この釣りは練習がてらやってみるのおススメです。

時折ですが、このコッパグレ、30cmを超えるものが確認されています。沈みテトラや崩れた捨石で底がメチャメチャなポイントでこのグレを釣るのは、中々の迫力の釣りです。当然ですが、バラシの話も良く聞かれる話です。

良型の根魚と波止グレが、今のところメインの釣り物です。今後色々な釣りが出てくると思いますが、新しい釣りが出てくれば、解説を入れていきたいと思います。

では、ポイント情報から見ていきましょう。

ポイント情報

岸和田一文字・セル石とバラ石は、正直言って、私もそんなに釣行経験があるわけではないです。しかし、友人の常連が結構通いこんで色々調べている情報が入ってきています。その話をメインにコンテンツを進めていきます。

根魚釣りのおススメはバラ石の先端付近で、有力ポイントは先端のオイルフェンスの内向き、要するに西から南西向きを釣ると、良型の根魚が良く釣れるようです。

岸和田一文字・バラ石

上の画像がバラ石先端付近です、内向きで根魚と狙う場合、当然ぶっこみ釣りがメインですが、ウキ釣りでやる場合は、おおよそタナを4ヒロから4ヒロ半くらいに合わせて、探りながら釣るのがキモです。

エサはシラサエビで良く、量的にはあまり持ち込む必要が無いです。マキエは、あまり卦がないと、少しは撒きたいですが、シラサエビを撒くと、ハネが寄って来る事が多いです。ハネが寄って来れば、根魚は期待薄になります。このため、持ち込むシラサエビの量は、バラ石の根魚狙いでは500円分しか持って行かないのがキモだと言われています。

メバル、ガシラのサイズは良型が多く、ガシラに根に持ち込まれて切られたという話まで飛び交います。この海域では時折アコウの良型(40cmから50cmくらい)も出ますから、やや太目の仕掛けで狙うのがセオリーになっています。

バラ石、胴の部分から外向き(北向き)に竿を出せば、フカセ釣りのスタイルでグレの数釣りがあります。磯釣りスタイルで釣るグレですが、虫エサのウキ釣りでも釣れます。

グレを釣る場合、フカセ釣りのスタイルがおススメです。仕掛けは二段ウキ仕掛けを用意して、マキエはオキアミ生に軽比重の配合をブレンドします。マキエでグレを極端に浮かせるのがキモで、ウキ下は矢引き(約80cm)程度まで上ずらせれば、ハメ釣りで楽しむ事が出来ます。

最近の波止グレは味も良くなってきています。持ち帰っても美味しくいただけるのも特徴の一つです。

ポイント

  • 根魚はオイルフェンスの内向きで良型が釣れる
  • グレは極端に浮かせて釣る、磯釣りスタイルのフカセ釣りが有力

口コミ情報

セル石でエビ撒き釣りをしていたときですが、一度メチャクチャにハネが浮いた事があります。

岸和田一文字・セル石最近のハネは、どちらかと言うと、底付近にシッカリと底撒きカゴを使ってシラサエビを撒くほうがポイントが作りやすく、良い釣りになりやすい傾向がありますが、私がセル石で釣りをしていてハネが浮いた時は、矢引きのタナで入れ食いになりました。

ここまで浮くと、シラサエビに乱舞しているハネを視界に捉える事が出来ます。それも、大量に湧いて、仕掛けを入れて、パラっと上から撒くだけで、次の瞬間にウキがズドーン!

実際1970年代のハネ釣りは、こういう感じだったと古株から聞いたことがあります。これがだんだんと浮かなくなって、最近では「底物・・・?」と思えるほど捨石にタイトに釣る方が勝る場合がほとんどです。

ハネが、と言うか、大阪湾の魚がマキエに対して浮かなくなった事に関しては、私は独自で仮説を色々立てて釣りをしています。この仮説と検証に関しては、当サイトの中でレポートにしてお届けしますので、少しお時間を下さいね。

今後もセル石のハネがマキエをして浮くか?というと、それはナンとも言えないですが、時折こういう自然の不思議に接する事があります。

魚釣りの面白さを垣間見た瞬間だと思います。