概要

沖の北・岸和田一文字岸和田一文字の沖の北は私もお気に入りのポイント一つです。内向きのエビ撒き釣りでハネ、先端の低場は落とし込みが有力ポイントで、秋にはエギングでアオリイカなども出ます。

外向きは足場が高く、風の日はチョット怖いです。(^_^;)
しかし、潮通しが良く、アジのサビキ釣りや半夜でタチウオ、飲ませ釣りなどもツバスやスズキが良く当たります。

クリスマス時期にはカレイ釣りで非常ににぎわうのも沖の北です。岸和田の投げ釣りはこの釣りくらいですが、期間中はかなりの人手で込み合います。まあ、30cm級が良く釣れますから、カレイファンは熱いですよね?

その他階段の横でフカセ釣りをやればチヌが良く当たります。またカーブ方向に歩けば、内向きでエビ撒き釣り、外向きでチヌ釣り、タコは壁とサオ下の敷石の両方が攻めれます。

ポイント情報

岸和田一文字・沖の北ポイント図は右図、図上が北向き、すなわち先端方向だと思ってください。

船着きから先端までは大たい同じような感じのポイントが続いています。水深はベタ際から竿下で4ヒロ半から5ヒロ程度で底です。少し前に仕掛けを出せば、9mくらい先で駆け上がりがあります。

駆け上がりの向こう側はおおよそで5ヒロ半から6ヒロ程度、大潮の満潮などが重なると少し深くなりますが、あまり気にすることは無いと思います。

水深は外向きも大たい同じような感じです。船着きからカーブ方向に歩いて内向きにはオイルフェンスがありますが、その周辺は少し水深が浅めになっていると思います。この付近でもエビ撒き釣りで良型のハネとか当りますから、予備知識として覚えて置いてください。

北方向に抜ける潮

先端低場も水深的には同じような感じですが、先端方面は矢印の方向に潮の抜けるスピードが速くなります。このためウキ釣りの場合は少し重めの負荷のウキを使用するとか、ズボ釣りに分があります。先端手前に階段がありますが、その辺りまではおおよそ同じような潮の流れになる事が多いです。

潮は基本的に北に向いて抜ける潮がメインです。反対向き(南向き・カーブ方向に流れる潮)でも当たらない事は無いですが、沖の北では実績のある潮は北方向に流れる潮です。

狙いはベタ際が駆け上がりが良く、早朝の暗い間は際から竿下、夜が明ければ駆け上がりを狙うような釣りが良いです。昼からは逆にされると狙いが明確になります。

ポイント

  • 潮の流れは北向きがベスト
  • 早朝や夕マヅメは際や竿下狙い、日が高い間は駆け上がりの釣りに分がある

沖の北・先端低場

岸和田一文字・沖の北低場沖の北の低場は危ないので、細心の注意が必要な釣り場です。ナギで潮が低い時しか釣りにならないです。特に沖向きは潮が這い上がってくる事があるので、西風がでて、上げ潮の時には特に注意しましょう。(まあ、そういう時は行かない方が無難ですが・・・)

潮流は速くなります。内向きに陣取ると、北に抜けた潮が波止を回るようにして西に抜けるようなときもあります。どんどん流して何か当たれば面白いですが、あまり先ではアタリはほとんど拾えないです。潮どまりか、西からの風が出てきて、沖から潮が入ってくるようなときは、先端付近で潮の合流点が出来ます。これは安全なら狙いたい潮です。

北の先端は、基本的に際か捨石の上を狙う釣りが良いです。あまり先に仕掛けを出すと、前述したとおり、潮の抜けが速いので、ポイントを作るのが難しくなります。しかし、フカセ釣りで遠投をして、でかいチヌが数釣れたことも無い事は無い話ですから、潮が止まっている時やスピードが無い時は沖目を狙う釣りもあります。しかし、普通に狙いを付けるなら、竿下でしょうねぇ・・・

マヅメの時間帯で、落とし込みのチヌ、真昼の時間帯なら、フカセ釣りが面白く、ハネを狙ったエビ撒き釣りもあります。釣りが出来るスペースは非常に狭いです。先客がいる時は、上から釣っても十分ですからそうするようにしてください。

ポイント

  • 潮は速いけど竿下の捨石を狙う
  • 西からの風が出てきたときは、安全なら潮の合流点を狙う

ケーソン

岸和田沖の一文字・北は先端の低場が面白そうですが、低場までのケーソンでも幾らでも釣りは出来ます。むしろ、低場よりも、潮は安定してますから、こっちの方が釣りやすいです。

釣り物はサビキ釣りのアジや、エビ撒き釣りのハネ、外向きはタチウオやカレイの投げ釣り、飲ませ釣りも沖の北の定番といえます。

北風が出ると真横からの風になりますから、若干釣り辛いです。あまり強く吹くと、ここは船止めになります。その場合、手前の赤灯に変わるとか沖の南に場所換えするとかしないとダメです。こういった判断は船頭の判断で、必ず守るのがアングラーの義務です。必ず守るようにしてください。