概要

岸和田一文字の中では、このスリットケーソンが最も迫力のある釣りを楽しむ事が出来ます。

岸和田一文字・沖のスリット

スリットは足元のケーソンが櫛状になっており、掛かった魚の多くはこのスリットに逃げ込もうとします。スリットに入られると、さすがにラインブレイクは必至です。スリットに入られないように上手くやり取りをする必要があります。

スリットで釣れる魚は、岸和田一文字で釣れる魚のほとんどはカバーできます。チヌやハネ(スズキ)、メバルも濃いし、アジのサビキ釣りも相当な物です。潮がスリットで払い出しますから、潮のヨレが顕著になるので、ポイントは絞りやすく、意外と釣りやすいのがスリットです。

問題は前述したとおり、掛かった魚にスリットに逃げ込まれないようにする事です。ではポイント情報から見てみましょう。

ポイント情報

岸和田沖の一文字・スリット スリットの金網は傷んでます

まず最初にですが・・・
ポイント図(下図)のグレーの四角い部分は金網になってます。劣化が進んで、この上に乗るのは危険です。現場に行けば解りますが、このグレーチングは相当に痛んでいて、危ないのは一目でわかります。必ずこの上は避けるようにしてください。

ポイント図は下図、図上が北向き、すなわちカーブ方向だと思ってください。

岸和田一文字・スリットケーソン

外向き全体が釣り場です。狙いの中心は、サオ下の敷石の上部分かベタ際の釣りがメインです。ベタ際を釣る際は、ケーソンの継ぎ目に陣取ると、少しは仕掛けが安定させやすいです。

スリットの正面では潮がもむので、ベタ際の釣りには不向きです。ケーソンの中央部分に陣取る時は、少し前(約9m先)の駆け上がりを狙う釣りが良いと思います。

釣り物は、前述した通り、スリットではほとんどの物が釣れます。おすすめは、落とし込みのチヌ釣り、エビ撒き釣りのハネ釣り、それに半夜のタチウオ、タコ釣り、サビキ釣り、メバル釣りなどです。

満潮時は、スリットからの払い出しが強くなります。仕掛けが狙ったポイントに安定させ難いですが、釣れるタイミングは、払い出しがあるのに仕掛けが吹っ飛ばされないような時が多いです。

あまり潮がもむような場合は、エビ撒き釣りではハリスを短めに取るのがキモです。フカセ釣りの場合は短めのハリスは取れないですから、払い出しと沖からの潮の合流点を狙います。

水深はベタ際の底までが4ヒロ半から5ヒロ程度、9m先が駆け上がりで、駆け上がりの先は6ヒロ半から7ヒロ程度あります。

沖の北同様に少し深いですが、3ヒロ半くらいの中途半端なタナで当たってくることもあるので、小まめにタナはチェックする必要があります。(めんどくさければ、底一辺倒も面白いです)

ポイント

  • エビ撒き釣りなどのウキ釣りはケーソンの継ぎ目に陣取る
  • 釣れるタイミングは、なぜか払い出しに仕掛けが吹っ飛ばされない

口コミ情報

岸和田沖の一文字スリットとにかく大きな魚は掛かりやすく、バラしやすいのがこのスリットケーソンです。写真を見れば、ナンでバラすのか、まあ、簡単にわかると思います。

スリットで狙えるターゲットは、大型のチヌやスズキが多いです。これらの魚種は、大きな物で2キロ以上、中には大型のスズキなど4キロを超えてくるような代物もいます。

魚の大きさは、確かにゴツいです、しかし、波止魚ですから、魚体の割りに引きが弱いのも確かなんですね。

一般的な釣り情報誌では、このスリットに逃げ込まれないようにするために、1.5号程度ロッドの使用を薦めている物がたくさんありますが、引きの、そう大した事が無いターゲットに強いロッドを用いると、魚が弱る前に一番危ないスリットに近づけるような物になります。

これ、軟調のロッドで、魚の頭の方向だけに注意を払っておくと、比較的対処しやすいです。

スズキもチヌも大型はそれなりに強い引きをしますが、絶対に頭の向いている方向にしか走らないです。強いロッドで絞るから、魚が弱る前に頭がスリットの方を向くわけで、軟調のロッドで、頭を左右に振ってやると、スリットと平行に走りますから、追従する感じで足を使ってロッド操作をすると、比較的安全に取り込みまで持っていけます。

まあ、弱っていても、最後のタモ入れの瞬間にもたつくと、相手も渾身の力でスリットに行こうとしますが・・・

ポイント

  • スリットは出来れば、軟調のロッドが勝る
  • 具体的にはチヌ竿がベストで、グレ竿なら0.8号までで十分である