概要

これが岸和田一文字のアイナメだぁ・・・笑

アイナメ釣りはもちろん関西では寒い時期の釣りです。(東北、北海道辺りでは、少し暖かくなっても釣れるんかな?)

防波堤基本図基本的に寒の時期から春先は、岸和田一文字の場合地寄り(具体的には中波止、旧一文字)に分がある場合が多いですが、潮周りや気候によっては沖の一文字で釣りをすることもあると思います。

岸和田一文字の波止は、中波止、旧一文字、沖の一文字共に、捨石を基礎にして、その上にケーソンを積む構造になってます。波止のアイナメ狙いの場合、テトラなどがあれば話も変わると思いますが、ノッペラボーの障害物が何も無いケーソンの場合、捨石の上か、駆け上がり、もしくは波止際が、アイナメのような根魚を狙うべきポイントになります。

この基本を踏まえたうえで、実績のあるポイントでアイナメが釣れるかも?って意識があると、これは狙ってアイナメを釣る事が出来るんですね。

有力となり得る実績ポイントを見てみましょう。

沖の一文字

沖の一文字のアイナメ釣りのおススメポイントは・・・

  • 北の低場の内向き、外向き
  • 北の高場(ケーソン外向き)の際と駆け上がり
  • スリット(ベタ際、竿下、駆け上がり)
  • 南の外向き(竿下)

ここいらを攻めてみたいです。

沖の北

沖の北低場北の低場は、季節風の北西が強く吹く場合はNGです。危ないので、この場合は、高場でやれば良いと思います。低場は特に先端内向きがおススメで、竿下の捨石の崩れたポイントを狙います。タナは約5.5ヒロ、ウキ釣りで波止から3mから5mラインを波止に沿って流すようにします。外道には、もちろんハネやチヌがあります。

先端と言う事で潮が早い場合もありますが、その場合はズボ釣りがおススメで、通常のハネ釣仕掛けのウキを外しただけの仕掛けで、OKです。底まで仕掛けを送ったら、ハリス分だけリールを巻いて、竿先でアタリを取ります。

スリット

スリットは際の底が面白く、ここを狙うには、短竿を使用した、中通しオモリのぶっこみ仕掛けで十分釣れます。(これはオモロイです・・・ハイ)

脈釣り基本図ソリッド系の穂先の付いたチヌの掛かり竿が良いです。長さは1.5mから1.8m、リールはもちろん小型の両軸リールが良いです。

仕掛け図は、見飽きるほど当サイトでは出てくる仕掛けです。エビ撒き釣りのハネ釣りの仕掛けのウキが付いていない物だと思ってください(これが基本仕掛けです)。

沖の北の先端の脈釣りと同様に、オモリを底まで送ったら、ハリス分(約80cmだけ)リールを巻いて、底で仕掛けを張ります。短竿は微妙な当たりも取れるので、面白いですが、横風が強く吹く場合は、磯竿を使用して、流して釣る方が得策になります。

沖の南

沖の南は、外向きが根魚ポイントには良いと思います。(内向きでも釣れない事は無いかも知れないですが・・・)

これは私的な感覚ですが、スリットと沖の北は、マキエを入れて粘った方が得策になる事が多いですが、南は探りながら足を使ってポイントを探していく方が良いと思います。

具体的な根拠は無いですが、経験則からこれは思います。また、南はメバルも多いポイントです。メバルを狙う際にはマキエをあまりいれると良い事は少ないです。これは、メバルが当たる潮はハネ釣りにも絶好の潮になる事が多く、マキエを入れすぎると、フィッシュイーターのハネ、スズキが寄ってしまって、メバルの食いが極端に悪くなるからです。

南で根魚を狙う場合は、メバルを意識して、その外道でアイナメを仕留める感じが良いでしょう。それゆえに、ウキ釣りが勝ると思います。

旧一文字

旧一文字でアイナメを意識して釣ろうと思うと・・・

  • 赤灯内向き
  • 赤灯外向き(300番周辺)
  • 4番から3番の内向き
  • カーブ周辺の外向き

ここいらで有力な実績があります。

赤灯

赤灯・岸和田旧一文字旧一文字の根魚狙いの第一のおススメは、ナンと言っても赤灯周辺の釣りだと思います。

これ、捨石の崩れ具合と言うか、おそらくですが、隙間が多いんだと思います(タコ釣りで旧一文字は底をガリガリやりまくってますから、ある程度捨石の状況は掴んでます)。

さらに先端に抜ける潮が丁度加速を始めるのが、船つきからケーソン3枚程度先(赤灯方向)で、このためここいらから潮の動きが顕著になり、潮やポイントの状況も他のポイントよりも優れた物があると思います。

アイナメを狙う場合は、捨石にタイトに、内向きの竿下なら約3ヒロ半、波止から7mくらい先なら4.5ヒロ、駆け上がりの向こう側(波止から約9mから10m先)なら、5.5ヒロを狙うといった感じで良いと思います。

赤灯方向に歩くと、一段下がったケーソン(段差が好いているのでダンと呼ばれます)が2回ありますが、赤灯側のダンより先端部は浚渫工事のため水深が深くなってます。この最深部も根魚には有力で、その場合、竿二本(約10m)のタナを狙う事になります。

外向きは、手前の段から2枚手前のケーソンまでを常連は300番と呼びます。300番周辺は根魚には絶好のポイントで、竿下の2ヒロ半、9m先の3ヒロから3ヒロ半を狙うのが有力です。

4番からカーブ周辺

旧一文字・4番からカーブ旧一文字の胴の部分当たる4番からカーブまででも波止の内外でアイナメは狙えます。私的な感覚では、ここいらのポイントがアイナメ釣りにはイチオシですが、静かな海を釣る事になりますから、ジックリと腰をすえて釣りたい感じです。

余談ですが、アイナメは側線の数が5本あり、音に非常に敏感な魚と言われています。旧一文字の内向きなどは、特に静かな海を釣る感じになりますから、ジックリと少量のエビを撒きながら、ハネを狙う外道の感じで釣るのが良いと思います。

一見して、外向きのほうが根魚には良いように見えると思いますが、私の知る限りでは、アイナメに関しては内向きのほうが面白いと思います。ただ、メバルやガシラは外向きが良く、これらの外道で釣れるアイナメは、もちろん外向きでも釣れます。

ここいらのポイントも、波止から何メートルの距離でマキエをしながらポイントを作っていきます。基本は内向きなら・・・

  • 竿下が約3ヒロ
  • 駆け上がりで根魚狙いの場合は約4.5ヒロ
  • ベタ際は2ヒロ半でよいです。

外向きの場合はメバルを釣る感じでOKです。この外道でアイナメを狙います。ベタ際から竿下が2.5ヒロ、駆け上がり(9m先)は3.5ヒロで良いと思います。

中波止

中波止もアイナメは数が出ることがあります。実際GW頃にエサ取りになるアブ新(アイナメの新子)は、ここが一番数が多いと思います。

中波止・ポイント図サイズはポン級のチョット手前が多いですが、それでも時折35cmクラスが挨拶に来ますから、油断もすきも無いです。(^◇^)

ポイントは水路周辺が圧倒的に良いと思います。それも、内向きから水路に掛けての9mラインがよく、それ以外ではあまり当たらないと思います。

絶好の潮は水路の外側に潮が抜けるときで、この潮に引かれる形で水門にウキが向かっていくような時がいい潮になります。

もちろん、底撒きカゴを使って、丹念にポイントを作っていくのがキモで、この釣りもハネを釣りながら外道でアイナメを仕留めるような釣りになります。

中波止の捨石は、産卵場所になっているかもしれないです、アブ新はホンマに湧き出したら、手が付けられないくらい沸きます。

だからこそ、良型のアイナメもいるんだと思いますが・・・