概要

アイナメ釣り

岸和田一文字のアイナメは、普通のエビ撒き釣りの仕掛けでナンボでも釣れます。このターゲットは不思議なターゲットで、東北や北海道なら専門に狙う事があるかも知れないですが、関西では投げ釣りにせよ、エビ撒き釣りにせよ、カレイの外道であったり、ハネの外道であったりします。

釣り味も持ち帰ってからの食味も非常にいい魚なんですけどね・・・(すし屋にもあるくらいですから)

岸和田一文字の場合は、投げ釣りもカレイが出だすと盛んになりますが、カレイ釣りの外道で釣れたと言う話はあまり聞かないです。やはり、エビ撒き釣りで釣る方が確率も高いですし、磯竿で釣る方が迫力があっていいと思います。まあ、短竿で際を釣る釣りでも釣れるのは釣れますけどね・・・

このターゲットは、完璧に底を狙った方がイイ釣りになります。それゆえにぶっこみ仕掛けもありです。また、ウキをつけずにズボ釣りで狙うアイナメも有力。状況によって色々と仕掛けを変化させていきましょう。

では、基本仕掛け図を見てみましょう。

基本仕掛け

アイナメはウキ釣りと脈釣りでエサはシラサエビを使うと良く釣れます。それぞれを詳しく見てみましょう。

ウキ釣り

エビ撒き釣り基本仕掛けこれは、ハネのエビ撒き釣りの基本仕掛けです。アイナメを釣る時も、ズバリ、この仕掛けが良いです。アイナメは音には敏感ですが、ハリスは少々太くても、ナンボでも食ってきます。ハネもアイナメが釣れる時期は大型の物が多いですから、ハリスは細くて2号、やり取りに自信が無ければ3号で十分勝負できます。

根魚という事で、当たったら一発目の突っ込みは強烈に竿をのしてきますが、一タメくれてやると、例によって首振りダンスを始めます。チヌも同様に竿の同にゴンゴン来ますが、アイナメの首振りはもう少しシャープな感じがします。少しなれると、「これはアイナメ・・・」ってやり取りの最中に分かるようになりますから、非常に面白い釣りです。

仕掛けの注意点は、ハネ釣りと同様に底撒きカゴを多用しますから、オモリとハリスの結合はスナップを使ったほうが手返しが良いです。底撒きカゴはハリスが付いたまま使用するのは、ハリスにキズが付きやすいのと、ハリスに気を取られますから、手返しが悪いです。このスナップ1本で随分と釣りが変わると思います、ぜひ参考にしてみてください。

それと、絶対に打ったほうが良いのが、ハリス中央部分のガンダマです。この説明はハネ釣りのページでも何度も述べてますから、ここでは割愛します。

ズボ釣り仕掛け

スリットで払い出しが強い場合や沖の北で北に抜ける潮が早い場合など、ウキを使用しない方がポイント設定がし易い場合があります。また、水深のある沖の一文字のベタ際を釣る際にはズボ仕掛けが釣りやすいです。

ズボ釣り仕掛けこの仕掛けで、ハネやチヌまで狙えますから、これも覚えておきましょう。

単純に、ハネ釣りの基本仕掛けからウキを外しただけの仕掛けでOKです。中通しオモリを使用して、サルカンで止める仕掛けでもズボ釣りならOkと思います。(ウキ釣りの場合は、何故か中通しオモリを使用するとアタリが少ないです)

この仕掛けは短竿(チヌのいかだ竿)でやるのもOkで、その他、コスリ釣りと言う、夏場の夜釣りの際狙いの釣りにも有力な仕掛けです。単純極まりないので、初心者の方は不安に思うかも知れないですが、基本的に岸和田一文字の釣りはシンプルイズベストです。

根魚狙いの場合、ハリスは2号前後でOKです。アイナメは特に大型が当たりますから、2号からは落とさない方がいいでしょう。また、ガシラや、時期によってはアコウが狙えますが、アコウは時折50cmに絡むような大型が当たる事があります。これは1.5号のハリスではチョット、しんどいです。

根回り(石回り)とイ貝の層などを中心に狙う根魚釣りは、ハリスにキズが付きやすいデメリットも持っています。出来れば3号くらいのハリスでやった方が良いとも、チョット思います。(食いに遜色は無いです)

アイナメ釣りの釣り具

一般的に、アイナメ釣りの専用釣具と言えば、ブラクリなどの使った探り釣りが良いようですが、岸和田一文字の場合、エビ撒き釣りでハネ釣りの外道で狙う方が得策です。だから、ハネ釣り用の釣り具を使っておかないと、ハネに逃げられてしまいます。(^◇^)

このページに、ハネ釣りの釣り具は詳細解説してますから、そちらをご覧下さい。アイナメ専用の道具は要らんと思います。

ハネ釣りの詳細解説