概要

ベタナギのメバル日和岸和田一文字のメバル釣りは、エビえさで釣るのが一般的です。メバリングのようなソフトルアーで釣りをしても釣れない事は無いと思いますが、常連の多くはシラサエビを使ったエサ釣りで釣っています。

エビえさのメバル釣りはのべ竿で釣るのも良いですが、ここ岸和田一文字ではエビえさを使用した釣りでは外道に大型のスズキやチヌの釣果があります。こう言ったターゲットは、のべ竿だとチョット厳しい物があるんですね。

だから、普通のエビ撒き釣りの釣り具や仕掛けを用意して、エビの撒き方、それにタナの取り方だけに注意して釣りをやれば、メバルの卦があるときには高確率で釣れたりします。

では、具体的に用意する釣り具から見てみましょう。

エビメバルの釣り具

エビ撒き釣りの釣り具エビ撒き釣りでメバルを釣る場合、ハネ釣りと違う点はクーラーボックスを持参する必要があると言うことくらいです。小型のスカリに入れてメバルが持つようならそれでもイイと思われるかも知れないですが、メバルはスカリに入れて置いても釣りが終わるまで生きていないと思います。それよりも、釣れたら即、氷で〆て置いたほうが美味しく頂けると思います。入れ食いになったらしたら、スカリはめんどくさいのも難点ですしね・・・

では、用意する釣具類からピックアップしてみましょう。

  • ロッドは磯竿を使用するのがベストです。号数は0号から0.8号
  • リールは小型のスピニングリール、道糸は2号でOKでしょう
  • クーラーボックスはあった方がイイです。外道にチヌやスズキまで欲しい人は18Lクラスかな?(笑)
  • エビ活かしクーラーはメバル狙いの場合5Lクラスの小さな物がイイです。エビは500円買えばOKです
  • タモは外道で当たってくるスズキやチヌを考えれば持って無いと残念な思いをするでしょう
  • 小物は「エビメバルの仕掛け」で述べます

出来るだけ軽装にするために、ロッドとタモ、それにウキケースをロッドベルトで巻いて小道具はライフジャケットのポケットが良いです。これにクーラーボックスとエビ活かしクーラーの三つの荷物で渡船に乗り込むのが良いです。

クーラーボックスは磯釣り用のソフトクーラーとか使えば外側にポケットが付いてますから、小物類の収納にはこれも便利かもしれないです。仕掛けはどんな物がイイでしょうか?

エビメバル・仕掛け

エビ撒き釣り・仕掛け図この図はハネのエビ撒き釣りの仕掛けですが、メバルもエビで釣る場合、やはりこの仕掛けがイイです。

ただ、ターゲットがメバルの場合は、マキエを繰り返すという事が無いですから、ハリスのスナップは要らないです。普通にハリスをオモリに結べばOKです。

この仕掛けは、くどいかも知れないですが、ハリスに打っているガンダマがキモです。ハネ釣り同様に、メバル釣りも狙っているタナでシッカリとエビに仕事をしてもらわないとダメです。このため、ハリスの中心部分にG2からG3くらいのガンダマを使用すること、それに、エビの動きを考えて、針は生きエビ針を使用することがキモです。

メバルの活性が上がって数が出るときは、図のガンダマの位置からエダスを出すのも有力。二本針で一価を狙います。この場合は下針とエダスを出す中間地点くらいにガンダマを打っておけば良いです。とにかくエビの動きを制限するようにガンダマを使用するのが良いです。

ハネ釣りの場合はハリスは2号前後が良いですが、メバルを中心とする場合は、1号程度のハリスでOK、外道のチヌとハネが気になる場合は1.5号を使用して、でかいのが当たったら頑張って取ります(^◇^)。
長さは矢引き(約80cm)が基本です。

ウキは棒ウキを使用します。号数は旧一文字の場合0.8号から1号、沖の一文字の場合は1号から2号を持っておけば大丈夫です。外向きをメインに釣りますから釣り研のBMウキなどが都合が良いですが、普通の孔雀のウキでも十分に仕事は出来ます。

カラマン棒を使用して、ウキがオモリに絡まないようにします。取りつける位置はオモリからウキの長さ分だけ離して取り付けるのがキモです。

出来るだけ単純な仕掛けがベストです。水中ウキなどは、この釣りには必要ないと思います。